公文式は、なぜマレーシアでも根付いたのか

188教室で約4万人もの子どもが学習

塾や家庭教師も盛んなマレーシアだが、そんななか、日本で生まれた公文式も人気だ。現在ではマレーシア全土188教室で約4万人もの子どもたちが学んでいる。

マレーシアの塾の中でも公文式はかなりメジャーな存在だ。マレーシアに初めて公文が進出したのは1986年。当初は日本人を対象とした教室だったが、1996年にセランゴール州にマレーシア人を対象とした第1号センターを開設して以来、教室数を増やし続けている。

公文式はかなりメジャーな存在

マレーシアの公文式の本部

マレーシア公文の高津昌弘社長はシンガポールでの2年の勤務を経て、マレーシア公文の責任者に2012年に就任した。

日本、シンガポール、マレーシアと3カ国を見てきた高津さんに、3カ国の違いを聞いてみると、意外な答えが返ってきた。

「実はマレーシアならではのエピソードというのは特にないんです。むしろ、日本、シンガポール、マレーシアという3カ国で仕事をしてみて、教室での出来事は一緒なのだということを実感しています」(高津社長)。

次ページ公文で使う教材は基本ほぼ全世界共通
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。