意外!マレーシアでインターンという選択肢

大学3年生が現地企業で考えていること

当初の目的は語学留学だったが、アイルランドで過ごすうちに自分がアジア人であることへの意識が芽生えたという高稲さん(写真:)

高稲祐貴さんは21歳の大学生。首都大学東京の都市教養学部都市教養学科法学系法律学コースの3年生で、現在、マレーシアでインターン中だ。なぜ、マレーシアでインターンなのか。

もともと、海外に留学したいとは思っていた。

「交換留学も魅力的だったのですが、ひとつの国で長期的に勉強するというよりも色々な国を見て回り、さまざまな経験をしたいと思っていました」。

アイルランドへ語学留学

そこで大学3年の初めに、アイルランドに語学留学する。「みんなと違うことをすることが好きなので、日本人がそれほど行かないアイルランドにしました」

当初は語学留学だったが、留学するうちに自分がアジア人であることへの意識が芽生えたという。

「アイルランドにいると自分が日本人であり、またアジア人であることを認識させられます。でも日本もそうですが、アジアのことを自分はまだ何にも知らない。アジアの一員として、アジアの国を見ておかなくてはいけないだろうと思いました」。

次ページインターンをしている会社とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。