意外!マレーシアでインターンという選択肢

大学3年生が現地企業で考えていること

当初の目的は語学留学だったが、アイルランドで過ごすうちに自分がアジア人であることへの意識が芽生えたという高稲さん(写真:)

高稲祐貴さんは21歳の大学生。首都大学東京の都市教養学部都市教養学科法学系法律学コースの3年生で、現在、マレーシアでインターン中だ。なぜ、マレーシアでインターンなのか。

もともと、海外に留学したいとは思っていた。

「交換留学も魅力的だったのですが、ひとつの国で長期的に勉強するというよりも色々な国を見て回り、さまざまな経験をしたいと思っていました」。

アイルランドへ語学留学

そこで大学3年の初めに、アイルランドに語学留学する。「みんなと違うことをすることが好きなので、日本人がそれほど行かないアイルランドにしました」

当初は語学留学だったが、留学するうちに自分がアジア人であることへの意識が芽生えたという。

「アイルランドにいると自分が日本人であり、またアジア人であることを認識させられます。でも日本もそうですが、アジアのことを自分はまだ何にも知らない。アジアの一員として、アジアの国を見ておかなくてはいけないだろうと思いました」。

次ページインターンをしている会社とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT