意外!マレーシアでインターンという選択肢

大学3年生が現地企業で考えていること

当初の目的は語学留学だったが、アイルランドで過ごすうちに自分がアジア人であることへの意識が芽生えたという高稲さん(写真:)

高稲祐貴さんは21歳の大学生。首都大学東京の都市教養学部都市教養学科法学系法律学コースの3年生で、現在、マレーシアでインターン中だ。なぜ、マレーシアでインターンなのか。

もともと、海外に留学したいとは思っていた。

「交換留学も魅力的だったのですが、ひとつの国で長期的に勉強するというよりも色々な国を見て回り、さまざまな経験をしたいと思っていました」。

アイルランドへ語学留学

そこで大学3年の初めに、アイルランドに語学留学する。「みんなと違うことをすることが好きなので、日本人がそれほど行かないアイルランドにしました」

当初は語学留学だったが、留学するうちに自分がアジア人であることへの意識が芽生えたという。

「アイルランドにいると自分が日本人であり、またアジア人であることを認識させられます。でも日本もそうですが、アジアのことを自分はまだ何にも知らない。アジアの一員として、アジアの国を見ておかなくてはいけないだろうと思いました」。

次ページインターンをしている会社とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。