「予備自衛官補」の訓練、ど素人が受けた驚く感想 「仕事のスキル」と共通点が多く…超意外な発見

✎ 1〜 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 最新
拡大
縮小

自衛隊での生活とビジネスの類似性について、ひとつ具体的な例を挙げよう。

身だしなみには非常に厳しいのが自衛隊の特徴だ。

服は毎日アイロンがけ、靴墨でピカピカに…

戦闘服は、基本毎日アイロンがけをして折り目がくっきりしていないといけない。一番上のボタン以外、ボタンを外したままなどというのは論外だ。

半長靴といわれる黒いブーツも、毎日手入れして靴墨でピカピカにする必要がある。訓練最終日には、ブーツの底まで磨いて靴墨を塗るぐらいだ。

ブーツを結ぶひもの端も、だらしなく靴の外側に出すことは許されておらず、ブーツの中に押し込んでおかないといけない。自衛隊では必ず、ストラップやひもの端を整える「端末処理」が求められる

厳しい「ドレスコード」を自分が守れているか確認する必要があるため、隊舎の出入り口には決まって全身が映る大きな鏡がある。

以前読んだ自衛隊についての記事で、「隊舎内にはどこに行っても鏡があって目立つが、その理由は、現行憲法下でやや曖昧な存在である自衛隊に所属している自分を、確かな存在として毎日鏡で確認せずにはいられない欲求があるせいではないか」と書かれていたものがあったが、中で過ごしてみるとやや的外れだな、と感じた。

身だしなみに極めて厳格であるのには「しっかりとした理由」がある。

次ページ「服装」が仕事でも重要な理由は?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT