21歳「最底辺"地下アイドル"」襲った超過酷な現実 「騙す大人が多くて…」松山あおいの下剋上人生

✎ 1 ✎ 2
拡大
縮小
路上で歌う地下アイドルの松山あおいさん
今、大注目のアイドル松山あおいさん、29歳。彼女のアイドル人生を読み解くと「大事なもの」が見えてきた(写真:松山あおいさん提供)
今話題の松山あおいの存在をご存じだろうか。群雄割拠を極めるアイドル界において、「地下アイドルの最底辺」から、世界最大のアイドルフェスティバル「TIF2022」(TOKYO IDOL FESTIVAL 2022)まで上り詰めたソロアイドルだ。
メジャーな事務所にいるわけでもなければ、大きなグループに在籍したこともない、完全な「セルフプロデュースアイドル」。地下から這い上がり、大下剋上を成し遂げた正真正銘の「泥臭いシンデレラガール」なのである。
どうやってそんな「大逆転」を成し遂げたのか。デビューから9年、彼女の軌跡を追うことで見えてきたのは「自ら作り、継続すること」の重要性だった。
後編:「"最強アイドル"「超タフすぎるメンタル」の作り方

スカウトから始まったアイドル人生

松山あおい、29歳、職業「クリエイティブうたのおねえさん」。言うなれば「地下アイドル」だ。

松山曰く「肩書はアイドルでもシンガーでもなんでもいいです。私はみんなを歌で楽しませるのが一番なので」と割り切っている。

幼いころからアニソンが大好きで、当然のように「アニソンシンガー」を目指すことになる。高校在学中から数多くのオーディションを受けてきたが、思うように結果が出なかった。

高校卒業後も、「つい最近までしていた」というゲームセンターのアルバイトをしながら、オーディションに挑み続けたが、ダメだった。

焦りと苛立ちが募る中で偶然、街角でスカウトに声をかけられたのが、良くも悪くも松山あおいのアイドル人生のスタートとなったのである。

「夢にまで見たアニソンシンガーになれる!」そんな思いは一瞬のうちに砕け散った。

松山が最初に立ったステージは、「アニソンシンガー」とは名ばかり、カバー曲をイベントスペースで歌う、まさに「地下アイドル」でも底辺のステージだった。

次ページ「アイドルとは名ばかり」地下アイドルの現実
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT