「自己肯定感が低い」が一瞬で変わる!5大秘訣

猪狩ともか「視点と考え方を変えるコツがある」

ほんのちょっと「視点」と「考え方」を変えて捉え直すことで、物事はずいぶん違って見えることがあります(撮影:西邑泰和)
東京都より「パラ応援大使」に任命され、「東京2020パラリンピックの成功とバリアフリー推進に向けた懇談会」メンバーでもある、「仮面女子」のアイドル、猪狩ともか。
彼女は26歳のある日、強風で倒れてきた看板の下敷きになり、脊髄損傷を負って、以後、下半身不随に。歩くことはもちろん、自力で立つことさえできなくなった。
絶対安静の状態からリハビリを経て、車椅子に乗りながらアイドルとして復帰を果たし、現在は、NHK Eテレ『パラマニア』にレギュラー出演するなど、アイドル以外にも活動の場を広げている。
初の著書『100%の前向き思考――生きていたら何だってできる! 一歩ずつ前に進むための55の言葉』が『スイモクチャンネル』(BS-TBS、8月20日放送)や『大竹まこと ゴールデンラジオ!』(文化放送、8月21日放送)でも紹介され、反響を呼んでいる猪狩ともかさんは、いったいどのようにして「前向き思考」に変わることができたのか。
彼女自身が実践した「自己肯定感が高くなる5つの秘訣」を、本書を再編集して紹介する。
*事故に遭った瞬間の記事はこちら

事故から立ち直る過程は「自分を肯定する歴史」だった

私は突然の大事故によって、立つこと歩くことができなくなり、アイドルとしての生命の危機にも見舞われてしまいました。

『100%の前向き思考――生きていたら何だってできる! 一歩ずつ前に進むための55の言葉』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

その状態から復帰するまでの期間、私は必死でリハビリをしてきましたが、それとともに重要だったのは「メンタルの立て直し」でした。

「自分なんてもうダメなんじゃないか」「復帰してもニーズがないんじゃないか……」

自信を失い、自分を責め続けました。そこから立ち直るためには、自分を全力で肯定するしかありませんでした。

私はもともとコンプレックスだってたくさんあるし、決して自分に自信があるタイプではありません。「24歳アイドル『メンタル崩壊どん底』で見た試練」でも紹介したように、下積み期間にはメンタルをやられて「心の病」を患ったこともあります。

そんな私が大事故から立ち上がってきた過程は、「必死で自分を認め、自分で自分を励ましてきた歴史」ともいえるかもしれません。

つたない体験ではありますが、自分に自信の持てなかった私が、どのように自己肯定感を高めてきたか、その秘訣を紹介したいと思います。

次ページ「減点思考」はやめましょう
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT