「アイドルは顔だ」と誤解する人が知らない真実

「可愛い=人気が出る」とは限らない理由は?

すべてが夢のように順調だった中、事故に遭い、立つことも踊ることもできなくなった猪狩ともかさん。その後、ステージ復帰を成し遂げ、今も前を向き続ける(撮影:T.Okamoto)
東京都より「パラ応援大使」に任命され、「東京2020パラリンピックの成功とバリアフリー推進に向けた懇談会」メンバーでもある、「仮面女子」のアイドル、猪狩ともか。
彼女は26歳のある日、強風で倒れてきた看板の下敷きになり、脊髄損傷を負って、以後、下半身不随に。歩くことはもちろん、自力で立つことさえできなくなった。
絶対安静の状態からリハビリを経て、車椅子に乗りながらアイドルとして復帰を果たし、現在は、NHK Eテレ『パラマニア』にレギュラー出演するなど、アイドル以外にも活動の場を広げている。
「事故の真実」と「それでも前向くことができた55の言葉」をすべて記した初の著書『100%の前向き思考――生きていたら何だってできる! 一歩ずつ前に進むための55の言葉』を上梓した猪狩ともか氏が、「下積み3年、崖っぷちから、ようやく夢を掴んだ」自身の実経験(その後、事故に遭う)をベースに、「地下アイドル」と「地上アイドル」の違いや、「可愛い=人気が出る」とは限らない「アイドルの世界」について解説する。

「地下アイドル」と「地上アイドル」の違いは?

事故のニュースで私のことを知ってくださったものの、「仮面女子」や「地下アイドル」についてはよく知らないという人もいるのではないかと思います。

『100%の前向き思考――生きていたら何だってできる! 一歩ずつ前に進むための55の言葉』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

そこで簡単にですが、仮面女子・地下アイドルについて説明したいと思います。人によって若干定義は異なり、あくまで私の考えです。

まず地下アイドルとは「ライブを中心に活動するアイドル」のことです。テレビなどのマスメディアに登場することはあまりなくて、ひたすらライブを重ねます

これに対してCDをメジャーレーベルで販売し、テレビ番組によく出ているようなアイドルを「地上アイドル(メジャーアイドル)」と呼びます。AKB48さんや乃木坂46さん、ももいろクローバーZさんなどは、不動の「地上アイドル」です。

地下アイドルはライブ活動を中心としますが、ライブ終了後に握手会をしたりチェキ(撮影したその場で現像できるインスタントカメラ)を撮ったりと、ファンの方と交流します。

また演じる側にとっても、その日の感謝を直接伝えることができたり、ファンの皆さんとお話ししたりできることは魅力的なことです。

このように「ファンとインタラクティブな交流がある」ということが、「地下アイドルの地下アイドルたる最大の特徴」と言えると思います。

次ページ「21歳でアイドルを目指す」遅すぎるスタート
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT