「アイドルは顔だ」と誤解する人が知らない真実

「可愛い=人気が出る」とは限らない理由は?

候補生時代もステージに立つのは楽しかったのですが、やはりどこかで「昇格しなきゃ」という焦りがつねにありました

でも昇格したことで、今までの呪縛が解かれたように、すべての迷いがなくなり、私は本来の自分の姿を取り戻し、のびのびと活動することができていました。

メンバー同士もすごく仲がよかったし、本当にすべてが夢のように順調でした

「ずっとステージに立てる」と信じて迎えた「あの日」

私にとって「アイドルとは何か」「仮面女子とは何か」と考えると……。ステージに立ってみんなに応援してもらえることは、自分の存在を認めてもらえることであり、もちろんそれ自体は大きな喜びです。

でもそれ以上に私は、笑顔や元気を届けて、人の役に立つことによって、自分の存在意義を感じることができる人間です。

みんなが笑顔になってくれる、勇気を持ってくれる、そういうことが私の生きる力。だからいつも私が元気で、笑顔でいないといけない。仮面女子になってからは、それをより強く意識するようになりました。

ただひとつだけ悩みがあるとしたら、将来のこと。すでに25歳になっていたから、「あと何年この仕事ができるだろう」という漠然とした不安はありました。

でも、続けられる限りはアイドルを続けよう……。そんな気持ちで、今を大切に、毎日を大事に、仮面女子の活動を続けていました

「この先もずっとステージに立ち続け、歌って、踊ることができる」心から信じて、疑いもしませんでした

そうやって迎えた、2018年4月11日。あの日、風が強く吹く中で

私はいつものように、ステージに向かって歩いていました

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT