「アイドルは顔だ」と誤解する人が知らない真実

「可愛い=人気が出る」とは限らない理由は?

仮面女子には独自の「昇格制度」があります。研究生、候補生、そして最後は仮面女子へと、ステップアップしていきます。「(見習い生→)ユニット無所属(AJ)→研究生→候補生→仮面女子」という感じです。

事務所に所属したといっても、最初からいきなりステージに立てるわけではありません。最初は、物販に参加したり、裏方の仕事をお手伝いしつつ、ダンスや歌のレッスンを受けます。そうやって実力をつけていき、昇格試験に臨みます。

アイドルは「可愛ければOK」の世界ではない

昇格するメンバーを発表することを「組閣」と呼びます。組閣は仮面女子の一大イベントのひとつで、ステージ上でファンの皆さんを前に、大々的に発表されます。

昇格に必要なことは、歌やダンスなどの実力はもちろんのこと、「一定のファンがついていること」も外せない条件です。

「デビューして活動しているうちにファンがつく」という仕組みではありません。地下アイドルの使命として「自分で積極的にファンを獲得していかないとダメ」なのです。

では、どうしたらファンを獲得できるかというと、まずは「ファンの方とのコミュニケーションをしっかりとる」ことがとても大切です。ファンの方の名前を覚えたり、前に会ったときの会話を覚えているなどです。

このファンの方とのコミュニケーションが、とても上手な子もいれば、そうでもない子もいます。もちろんコミュニケーションが上手な子のほうが、ファンが多くつきます

だからこの世界は「可愛ければOK」「歌やダンスの実力があればOK」というだけでもないのです。

地下アイドルのファンの方には、「応援しているアイドルが成長していくのを見守りたい」「アイドルと一緒に自分も成長したい」という独特の心理があるのだと思います。

だから、あまり完成しすぎてしまった子よりも、未完成の子のほうがファンがつきやすいという現象も生まれます。

年齢的にあとのない、崖っぷちでアイドルとしてのスタートを切った私ですから、「1日でも早く昇格したい!仮面女子になりたい!」という思いでいっぱいでした。

次ページ「あきらめなくてよかった…」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT