「アイドルは顔だ」と誤解する人が知らない真実

「可愛い=人気が出る」とは限らない理由は?

「地下アイドル」という呼称のルーツは、最初の地下アイドルのライブハウスが地下にあったからだとか、多くのライブハウスが地下にあるからだともいわれます。

よく誤解されるのですが、別に地下室とかであやしい活動をしているわけではありません(笑)。最近ではそうした誤解を避けるということで「ライブアイドル」「インディーズアイドル」と呼ばれることもあります。

ただ私たち仮面女子は、自ら堂々と「地下アイドル」と名乗っていますし、私自身も「地下アイドル」という言葉にはまったく抵抗はなく、むしろ誇りに思っています

「16歳・18歳・20歳まで」の年齢制限に直面

私が「アイドルになりたい」と決意したのは、21歳のとき。アイドルを目指すには遅い年齢でした。

ネットでアイドルのオーディションを探してみましたが、どこも「18歳まで」「20歳まで」といったように年齢制限があるのです。「16歳まで」というところもありました。

「21歳はさすがにダメかぁ……」半ばあきらめかけたときに偶然目に入ったのが「26歳までOK」という奇跡の一文

それが、仮面女子を擁する事務所である「アリスプロジェクト」でした。

私はこのオーディションに合格できなかったものの、「見習い生」という制度があって、なんとかそれになることができました。

それも「将来の見込みがあるから是非!」という前向きな話ではなく、「やる気があるならどうぞ」と言われて、やっと滑り込んだ感じでした。

最初から、私は「落ちこぼれ」だったんです。

次ページ最初からステージには立てない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT