無謀な「瀬名奪還作戦」に今川氏真が苦悩した裏側 価値の釣り合わない人質交換に渦巻いた思惑

✎ 1〜 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 最新
拡大
縮小
溝端淳平さん演じる今川氏真 NHK大河ドラマ「どうする家康」
難しい立ち位置に迫られる今川氏真を溝端淳平さんが演じます(画像:NHK大河ドラマ「どうする家康」公式サイト)
NHK大河ドラマ『どうする家康』第5回では、松山ケンイチさん演じる本多正信と山田孝之さん演じる服部半蔵による瀬名奪還作戦の顛末が、大いに話題となりました。2月12日放送の第6回では、この2人が秘策に挑みます。異例の続編となった瀬名奪還の背景について『ビジネス小説 もしも彼女が関ヶ原を戦ったら』の著者、眞邊明人氏が解説します。

氏真の人質交換における判断は正しかった?

桶狭間で当主・義元を討ち取られた今川家は、松平元康の独立行動に端を発した反乱の動きが三河全体に広がったことで、さらに動揺します。『どうする家康』でも描かれていましたが、今川はこの動きに対抗するために人質の処刑を行いました。斬首や磔(はりつけ)ではなく、串刺しという凄惨なものだったようです。実はこのような処刑は、当時としては一般的な軍事行動でした。むしろ、明らかに今川離反の動きを見せた元康の妻子が処刑されなかったことのほうが異常でしょう。

ここに氏真(うじざね)の苦悩が見て取れます。

その理由として、まず元康の妻である瀬名が今川家の重臣・関口氏の娘だったことが挙げられます。戦国時代の通常の流れでは、この場合、瀬名は助けて嫡男の竹千代のみ処刑されるというのが一般的でした。ケースは少し違いますが、織田信長は自分を裏切った浅井長政の妻子に関して、長政の妻であった自身の妹・お市の方とその娘の茶々らは助命し、嫡男の万福丸は串刺しの刑にしています。しかし氏真は結局、竹千代の処刑すら行わずにいました。

このあたりの氏真の心情を記したものは見つかっていないため真相はわかりませんが、氏真は元康と取引するための材料として、元康の妻子の処刑を引き延ばしたのではないでしょうか。

次ページ領土の統治が不安定になってしまった
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT