「転社」に甘んじるな!真の転職人生の歩み方

西友・敏腕マーケターの熱血キャリアに学べ

富永 朋信●合同会社 西友 マーケティング本部担当執行役員シニア・バイス・プレジデント。西友入社前は、日本コダック(現コダック)、日本コカ・コーラ、ソラーレホテルズアンドリゾーツなどで、マーケティング関連の職務を歴任。現在、「日経トレンディネット」にて、『富永朋信の「売れる理由は必ずある!」』を連載中

富永さんのキャリア形成を知るには、まず富永さんの思考法に注目したい。彼は自らのことを「根っからの言葉オタク」と称するのだ。なるほど、富永さんに質問すれば、瞬時に「したがって」「しかるに」「よって」などかっこいい接続語を多用した、論理的で明快な答えが返ってくる。

「たとえ話ではなく、私は『世界は言葉でできている』と思っています。きれいな景色を見ても『夕焼け』や『雲母』という言葉を知らなければ、視覚から収集した美しさを理解できないように、人間は五感で受け止めたことを言葉によって理解していると思うのです」

そんな富永さんは、どんなこともしっかりと言葉に落とし込み、全体像を論理的に組み立て、課題があればどう解決すればいいかを文脈にして考える。自身のキャリア形成も、それは同じことだった。

本質を突く「言葉と論理」をつかみたい

「ときどき、どんな状態で仕事をしていることが幸せかと、考えることがあります。それで、『あっ、これは面白そう!』と感じて、もうやりたくて仕方ないという状態になっていることが幸せではないかと思うのです。逆に、たとえば『どうしたら小説が書けるようになるか教えてください』と聞きに来るような人は、小説家に向いていない気がする」

そう語る富永さんが学生時代から夢中になったのが、「マーケティング」の奥深さだった。社会の一線で働きながら、マーケティングというものの本質を突く「言葉と論理」をつかみたい――。そうして真っ白なキャンバスに最初に打った「点」は、フィルムメーカーのコダックへの就職だった。

しかし、出だしから順風満帆だったわけではない。入社して最初に配属されたのはメディカル関連の事業部。かねて希望していた一般消費者向けではなく、放射線技師の方々を相手にレントゲン用フィルムのマーケティングをしていた。

加えて、当時アナログだった医療用フィルムの世界にもデジタル技術の波が押し寄せ、富永さんは他部門への異動を迫られることになったが、このとき、「心が燃える方に向かうこと」を決意する。

次ページ「転社」と「転職」はこんなにも違う
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT