旅行大手HISで「非旅行業に夢を託す男」の仕事観

51歳法人営業本部長が進む「旅行会社の商社化」

山野邉さんがかかわるビジネスは、従来の旅行会社のイメージの枠にとらわれない「挑戦」がある(撮影:梅谷秀司)
この記事の画像を見る(3枚)
「起業」という言葉は、起業家のためだけにあるものではない。「業(なりわい=仕事)を起こすこと」は、組織の中でもできる。いやそれどころか、新しいビジネスを生み出さなければならない組織人にこそ必要とされるアクションだろう。
さあ立ち上がれ組織人。今、あなたの立場で、業は起こせる。それも、上手にやれば大規模に。本連載では、会社をはじめとする「大組織」で、“変わり者”だと思われても“変えること”に挑み、新たな仕事をつくり出す「組織内変人」を紹介する。

旅行会社らしからぬビジネスを推進する男

コロナ禍で人々が外出や移動を控えるようになり、旅行業界が未曾有の苦境にあえぐ中、将来を見据えて打開のシナリオを描く男がいる。山野邉淳(やまのべ・あつし)、51歳。総合旅行会社エイチ・アイ・エス(HIS)で法人営業部門を統括する取締役上席執行役員だ。HIS JAPANヴァイスプレジデント兼法人営業本部長を務める。

この連載の一覧はこちら

HISの業績は厳しい状況にある。2020年10月期は2002年の上場以来、初めての最終赤字に転落。今年6月に発表された2021年度10月期上期決算は売上高676億円と前上期比で8割も減った。営業赤字は310億円(前上期は14億円の営業赤字)。保有資産の売却や投資計画の縮小、経費削減などで急場をしのいでいる。

先行きも予断を許さない業況の中、山野邉さんはこれまでHISが築いてきた世界中のネットワークを使って、日本にしかないこだわりのお店を海外へ出店するほか、海外からは日本へ人材を派遣。ビジネスマナーや日本語の研修、着任中の生活サポート、帰国後の就職支援などのビジネスを率いている。

言うまでもなくHISは旅行会社だが、山野邉さんがかかわるビジネスは、従来の旅行会社にイメージする「本業」とはかけ離れている。

これを山野邉さんは、「旅行会社を『商社化』することに挑戦している」と位置づける。現時点では旅行業がHISの売り上げのほとんどを占める中で、「旅行業以外の多種多様なものを大きく育てていきたい」と言う。

夢物語に聞こえなくもないが勝算はあるのか。そして、旅行会社にいながら「非旅行業」を屋台骨に育て上げようとする「組織内変人」山野邉淳はいかにして生まれたのか。

次ページキャリアは急がば回れ
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT