日テレ三冠王の裏に異色の「壊し屋」がいた

「目の前の仕事」を飛躍のきっかけにするには

 「起業」という言葉は、起業家のためだけにあるものではない。「業(なりわい=仕事)を起こすこと」は、組織の中でもできる。いやそれどころか、新しいビジネスを生み出さなければならない組織人にこそ必要とされるアクションだろう。
 さあ立ち上がれ組織人。今、あなたの立場で、業は起こせる。それも、上手にやれば大規模に。本連載では、会社をはじめとする「大組織」で、“変わり者”だと思われても“変えること”に挑み、新たな仕事をつくり出す「組織内変人」を紹介する。
日テレの高視聴率を支える「変人」は見た目からド派手(写真:今祥雄)

配属先が当初の希望通りにいかなかった。望んでいない部署に異動になった。自分はこの先、ずっと好きでもない仕事をやっていかなければならないのだろうか……。

やりたいことがやれずにくすぶっているなら、自分のキャリアに対する見方を少し変えてみるのはどうだろう。そのために今日は、これまで会社に存在しなかった独自のポジションをつくり上げ、目の前の仕事を心の底から楽しんでいる変人を紹介しよう。

バラエティーのヒットメーカーが、ドラマ畑に?

2014年12月、日本テレビが、ゴールデン帯(19~22時)、プライム帯(19~23時)、全日帯(6~24時)の世帯視聴率で首位となり、年間視聴率三冠王を達成した。その要因として、多くの局員と著名なプロデューサーやディレクターの活躍があったであろうことは想像に難くない。

しかし、どうやらそれだけではなさそうだ。高視聴率の裏には、ある“特命任務”を背負ったテレビマンの存在があった。

その男の名は、栗原甚。これまで『¥マネーの虎』をはじめ、『さんま&SMAP』『踊る!さんま御殿!!』『ぐるぐるナインティナイン』『伊東家の食卓』など、数多くのバラエティー番組に携わってきた人物だ。

2013年6月、長年バラエティー畑で育ってきた栗原さんが、畑違いのドラマ班に送り込まれることになった。彼が密かに背負った特命とは、一体どのようなものだったのだろうか。

次ページ嫌われながらも、新陳代謝を促す
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT