日テレ三冠王の裏に異色の「壊し屋」がいた

「目の前の仕事」を飛躍のきっかけにするには

栗原 甚●日本テレビ 制作局 演出・プロデューサー。1993年日本テレビ入社、現職をまっとうしつつ、2013年6月からドラマ制作も兼任。

誰しも一度成功を体験してしまうと、なかなかそのやり方から離れられなくなるものだ。テレビの世界でも、番組が当たり、高視聴率を獲得すると、その実績を維持するための守りに入ってしまうことがあるという。そしてそんなときこそ、この男の出番なのだ。

「(制作チームの中で)ずっと担当番組をつくっている人は、なかなかやり方を変えられないじゃないですか。だから、かき回す人が欲しいと言われて、僕が行くことがある。で、だいたい今のやり方を壊しに入るわけだから、最初はあまりよく思われないのですが(笑)、別にいいやと思ってやる。そうすると、最初は『絶対に無理』と言われていたやり方がだんだん浸透してきて、最後はチームから『ありがとう』って言われて、また次の番組に行くのです」

1つの番組を何年も担当するプロデューサー、ディレクターが多い中、栗原さんの平均担当期間は、1年から1年半。マンネリ化したやり方を破壊し、新しい挑戦へと導く。ミッションを遂行したら、次のチームへ行く。日本テレビの“壊し屋”は、チームの新陳代謝を促して回っているというわけだ。

CMの数でドラマをつくる

見た目も大柄でクマのような出で立ちの栗原さん。さぞかし荒々しく既存のやり方を破壊しているにちがいない……。と思いきや、意外や意外、その正反対なのだ。徹底的に本質を追求し、細部に至るまでを綿密に考える方法で番組を作っていく。

あるとき、栗原さんは、朝の番組で日光の滝の生中継を担当することになった。その尺、たった3分半。通常であれば、一度下見をしたら、あとは当日の撮影で終了するような仕事だ。

ところが栗原さんの場合、そうはいかない。「滝の写真をいろいろ撮って来て、それでも『あれ? どうだったかな?』と思ったらまた現場まで車を運転して行って、また悩んで。そうこうしていると、地域の観光課の人がやって来て、『この前来た○○テレビはここをカメラ位置にしていたよ』なんてアドバイスしてくれるけれど、すると絶対その位置からは撮りたくなくなるんですね(笑)。そんなふうに考えることに夢中になるから、いろんなことを忘れちゃって、本当、ダメなんですけどね……」。

初めてドラマ制作に携わったときもそうだった。バラエティー出身の栗原さんが最初にドラマの脚本を書いたとき、番組の間にオンエアされるCMを視聴者に跨いでもらえるよう、脚本の中にCMが入る場所を細かく書き込んでいった。それを見たある俳優さんは、ものすごく驚いたという。

「僕は何秒のCMが何回入るかを先に計算して、じゃあ、ここでこういう盛り上がりが必要だから、これくらいのエピソードが必要で……という順序でつくっています。ただドラマの脚本は、途切れなく書くのが一般的らしくて、ドラマ班のプロデューサーからは、『すごく変わってるね』と珍しがられました」

次ページ足掛け9年……壮絶な下積み時代
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング