「転社」に甘んじるな!真の転職人生の歩み方

西友・敏腕マーケターの熱血キャリアに学べ

 「起業」という言葉は、起業家のためだけにあるものではない。「業(なりわい=仕事)を起こすこと」は、組織の中でもできる。いやそれどころか、新しいビジネスを生み出さなければならない組織人にこそ必要とされるアクションだろう。
 さあ立ち上がれ組織人。今、あなたの立場で、業は起こせる。それも、上手にやれば大規模に。本連載では、会社をはじめとする「大組織」で、“変わり者”だと思われても“変えること”に挑み、新たな仕事をつくり出す「組織内変人」を紹介する。
西友のユニークな施策の「仕掛け人」はこの人(撮影:尾形文繁)

 会社や上司に与えられた仕事をこなすだけの毎日。コレといってやりたいことがあるわけではないけれど、このまま言われた通りに働き続けて、いつか幸せになる日が訪れるのだろうか……。

そんなふうに思っているなら、この言葉を贈ろう。人生は白いキャンバスだ。誰かに描いてもらったキャリアの上をなぞっている限り、他人の人生を生きているようなものである。だが、その気になれば、自分次第でどんなキャリアだって描くことができる。

そこで今日は、人生というキャンバスに自らの手で次々に「点」を打ち、その間を線でつなぎながら独自のキャリアを描いている変人を紹介しよう。

西友の“仰天戦略”を推進する男

2015年3月、昨年の消費増税に加え、円安の急激な進行と原材料の高騰で食品を中心とした値上げが相次ぐ中、“Every day Low Price(毎日低価格)”を掲げる西友が動き出した。

生活に欠かせない計200品目について、すでに支持されている低価格は据え置きのまま、値下げニーズの高い商品をさらに値下げし、向こう6カ月間いっさい値上げをせずに低価格で固定する「プライスロック」というプログラムを全国で開始したのだ。

その一大プロジェクトを率いるのが、富永朋信。マーケティングコミュニケーションから顧客調査、PB開発まで、幅広い分野を横断するマーケティングチームを統括する人物だ。富永さんは一見、人気映画キャラクター「ベイマックス」のようにふんわりやさしい面持ちだが、頭の中は「ベイマックス」以上! スーパーコンピュータさながらの速度で、常に頭脳を回転させているのである。

富永さんのキャリアを紐解いてみると、本連載始まって以来の「転職キング」であることに驚く。辞めずに組織を使い倒している変人を紹介してきたこのシリーズにはそぐわないか……と思いきや、しかし、取材を進めていくにつれ、意外な事実が浮かび上がってくる。

次ページ「言葉オタク」の思考法
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。