35歳でも転職できる人、できない人の差は?

「35歳限界説」は、あくまで一般論

実際に30代半ばを迎え、「35歳転職限界説」が気になります(写真:【Tig.】Tokyo image groups / Imasia)
 いい大学に入り、いい会社に入っても、一生安泰の保証はない。これからの時代は、社会に出た後にどんな努力をするかで将来が決まる。この連載では、「学歴なし、コネなし、カネなし」で世の中を渡り歩いてきた安井元康・経営共創基盤(IGPI)プリンシパルが、悩めるビジネスパーソンからのキャリア相談に、本当に役立つ実践的なアドバイスをしていく。
→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

前回のQ&A 失業した場合、どのような心構えをするべきか

前々回のQ&A 新卒の皆さん!周りの意見は無視しましょう

【キャリア相談 Vol.33】 「35歳転職限界説」は、本当でしょうか?

現在、転職を考えている30代半ばのものです。今回、相談させていただきたいのは、いわゆる「35歳転職限界説」です。現在、まさにその年齢に差しかかっており、周りから35歳以上だと厳しい、と言われて焦っています。

確かに35歳限界説ということも、いろいろなところで聞く話でもあり、また転職相談事例でも見かけたりもしますので、あながち適当な話でもなさそうです。実際に年齢による足切りは行われているのでしょうか。また、そうだとしたら、やはりこれからの転職は厳しいのでしょうか。

岩崎ごう

 

35歳という年齢はともかく、一般的に年齢が上がるほど転職のハードルが高まる、というのは事実なのでしょう。だからといって30代、40代の転職がないかというと、そんなことはありません。限界という用語はちょっとミスリードかもしれません。

実際、新規事業などに力を入れる企業は、自社の人材が持っていない経験やスキルを中途採用で補うべく、経験豊富なオーバー35歳を採用しようとします。そうした企業が増えている今、オーバー35歳マーケットは、一部では熱い状態になっています。

なぜ2極化が起きるのか

ただ、35歳限界説を唱える人がいるのも事実です。事実なのですが、実際に起きていることは極端な2極化ではないでしょうか。つまり一部の転職できる人は年齢にかかわらずたくさんのオファーをもらうし、そうでない大多数の人はまったく動けない、という状態なのだと思います。

ではなぜ、2極化が起きるのかを考えてみましょう。

本来であれば、経験を重ねるにつれて仕事におけるスキルや経験が上がるはずですから、入社数年の若者に比べて30代半ば以降の人材が転職すらできない、または困難になるという珍事は、起こらないように思えますよね。

次ページ経験があっても転職は難しいのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。