転職で「肩書」が下がっても気にするな

会社内だけで通用する称号に過ぎない

頭ではわかっているのに、周囲の視線が気になって肩書が下がるポジションに転職するのが不安です(写真:Graphs / Imasia)
 いい大学に入り、いい会社に入っても、一生安泰の保証はない。これからの時代は、社会に出た後にどんな努力をするかで将来が決まる。この連載では、「学歴なし、コネなし、カネなし」で世の中を渡り歩いてきた安井元康・経営共創基盤(IGPI)プリンシパルが、悩めるビジネスパーソンからのキャリア相談に、本当に役立つ実践的なアドバイスをしていく。
→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

前回のQ&A 学生時代に「社会人必須のスキル」を磨け!

前々回のQ&A 地味な仕事一筋14年、転職できるかどうか

【キャリア相談 Vol.31】 転職して肩書きが下がることが気になります
 くだらない質問だと思われてしまうかもしれませんが、よろしくお願いします。
 現在30代半ばで転職活動をしており、実際にいくつかオファーをちょうだいしています。その中でいちばん魅力的な会社があり、仕事もやりたいことで、挑戦のしがいもあるのですが、問題は肩書が下がる、という箇所です。
 自分自身では仕方がないと頭ではわかっているのですが、肩書が下がるとどうしても周りからの視線が気になったりするのでは、とも思ってしまいます。とりわけ今までのキャリアが順調であったがゆえに、キャリアダウンだと思われたくはありません。
 実際にどのように考えを整理し、自分自身と周りを納得させればいいのでしょうか。そして、実際そういった転職はどうなのでしょうか。
ラーメンマン二郎 

結論としては「転職するべき」

ちょうだいした文章を拝見するに、現在検討されている転職に関するボトルネックは、「肩書が下がる」という点だけのようですね。そうであれば、「転職をするべき」です。

これで結論は出てしまいました。しかし、そうは言っても、周りの視線が気になるということも理解できますので、そもそも肩書とは何ぞや、そしてそれは気にするようなものなのか、を順番に考えてみましょう。

まず肩書とは何ぞやですが、肩書きには、社長、専務、部長、課長、ディレクター、マネージャー、リーダーなどいろいろとあります。そして何かが付いていれば確かに偉そうに見える、ということなのかもしれません。「社長さん、社長さん」と飲み屋で呼ばれると嬉しいようなヒトも世の中にはいるようですし、肩書で呼ばれることにこの上ない喜びを見いだしている方たちがいるのも事実です。

次ページ社長は別の会社でも社長?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
介護大全<br>お金、仕組み、施設を全検証

突然、訪れる親の介護にどう向き合えばよいか。3640人へのアンケートによる経験者の声を基に、介護の悩みや不安の解消策を考える。介護保険サービス利用の全容、4つのケースで試算した介護費用、老後の住まい徹底比較など、具体例を満載。