転職で「肩書」が下がっても気にするな

会社内だけで通用する称号に過ぎない

ただし、冷静に考えてみてください。この肩書なる代物、普遍的に統一された資格要件のようなものが存在するわけではありません。つまり、個々の組織が勝手にそれぞれの組織における基準に基づいて判断し、付与しているだけの話です。たとえば世の中の課長さんの権限や仕事の範囲、待遇などが一緒かというと、そうではありません。

医者や弁護士など資格が必要な肩書であってもいろいろな方がいらっしゃるわけですから、統一要件のない肩書なるもののいい加減さは、想像がつくというものでしょう。

私の学生時代には、「オレ、卒業と同時に社長をするぜっ!」「マジ、起業??何やるの?」「うーん、それがよくわかんね~けど」なんてトンチンカンなことを言っているヒトがけっこうおりました。確かに、自分で会社を作れば社長と名乗ってもいいでしょう。ただ、この自称社長が、別の組織に移った際に社長でいられる可能性は決して高くありません。

肩書きで個人の価値は左右されない

したがって、偉そうに見える肩書なる代物が通用するのは、ある特定の組織に所属している間のみ、というのが本来の姿です。転職などで、所属する組織が変われば肩書が変わって当然であり、これまた当然のようにその場合は肩書が上がる場合もあれば下がる場合もある、ということです。

転職によって肩書が上がったから、または下がったからということのみで、個々人が本来持っている能力が上がったり下がったりするものではありません。したがって、一労働者としての価値が肩書で左右されることは、必ずしもないわけです。

そもそも、肩書そのものが個々人の能力の証明となっているかというと、そんなことはありません。たとえば「支店長」というと、通常であれば、とある支店を任されている方を想像すると思いますが、何とびっくり、支店を持たない支店長だって世の中には存在するのです。実際、私がかつて大学卒業後にバイトをしていた某社では、拠点が本社ひとつしかないのに支店長が4人もいて、「なんじゃそりゃ」と思ったものです。

ちなみにこの会社は課長さんの上を勝手に支店長、と命名していたようですが、各支店長がそれぞれすぐ隣の机に座っている、という状態で下手に「支店長ぉ!」なんて呼ぶと声がいくつも返ってきて、まぁ面倒くさくて大変でした。

次ページ周囲の目は気にしなくていい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。