「報酬ダウン転職」を選ぶ人の"胸の内"

リスクを取る人たちの判断基準

(写真:わたなべ りょう / Imasia)

「野球人生最後の決断として、プロ野球人生をスタートさせたカープで、もう一度プレーさせていただくことを決めました」

メジャーリーガーとして十分な活躍をしていたにもかかわらず、日本球団(広島東洋カープ)に復帰した黒田博樹投手の「決断」が話題になっています。

昨年までプレーしたヤンキースは年棒20億円のオファー(提示)。対して、広島が提示した金額は4億円。双方の格差は5倍あり、通常ならメジャーを選択するのが当然です。

ところが、黒田投手は日本球界復帰を選びました。その理由のひとつが生まれ育った場所で最後にプレーしたいからということ。報酬より働きたい「職場」を優先したともいえます。

この決断に対して「あっぱれ!」と、野球界のご意見番である張本氏も賞賛の声を上げました。また、広島ファンの底辺拡大にも寄与した様子。広島のキャンプ地はファンが例年の3倍以上も集まる状態。さらに、本拠地マツダスタジアムの年間指定席はすでに完売とのこと。

関西大学大学院の宮本勝浩教授は、黒田投手の復帰による経済効果を52億円超と試算。野球界にとっても大いなる宣伝効果をもたらしてくれているようです。

ただし、日本球団を選んだことが、楽な仕事を選んだとは言い切れません。長いブランクのある環境に適応するのは簡単とはかぎらないからです。事実、メジャーから日本球団に復帰して高い成績を上げることができた選手は半数以下。黒田投手は本当に再び活躍できるか? これからも注目は続くことでしょう。

意外と多い、年収ダウン転職する人

さて、黒田投手のような報酬格差がある職場=「年収ダウン転職」を選ぶ決断はできますか? また、ありうる場合に、決断の背中を押す要因は何か? みなさんと考えてみましょう。

そもそも、職場を変える、転職の目的は何か? エン転職の調査によると、転職のきっかけで最も多かったのは「給与・待遇への不満」。「報酬が高いのは期待されている証拠」と語る人は少なくありません。転職するなら

・前職より高い職場

・オファーがいちばん高い職場

へ転職したいと考える人が一般的でしょう。

次ページ後ろ向き転職と、前向き転職
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。