歴史的「新卒大量入社」の後に来る"余波"

数年後に起きる「あの問題」も覚悟しよう

(写真:cba / Imasia)

新卒採用数が大幅に増えた(と言われる)「2015年度組」が入社するまで、あと2カ月を切りました。

新入社員の「受け入れ」準備には、大変な手間がかかります。まずは人事部が社会人としてスタートする心構えや、ビジネスマナーを指導する導入研修を実施。その期間は会社によってまちまちですが、平均すると3カ月くらいのようです(「日本の人事部」調べ)。その後、現場に配属されることになりますが、そのバトンタッチをスムーズに進めるのは意外と大変。

「新卒社員を育てるなんて、そんな面倒なことは嫌だ~!」

とネガティブな反応をあらわにする現場。あるいは古典的な体育会系ノリで、「とりあえず行ってこい!」と放置プレーになりそうな現場。こうした現場に新卒社員を配属するのは、少なからずリスクを伴います。そこで、

「面倒見がよくて、新卒社員を育てた実績のある職場に優先的な配属をするべき」

と人事部は考えたくなります。

新卒採用にはそうとうな手間とコストがかかります。入社早々に現場でもまれて退職……となれば、大きな痛手です。ただ、受け入れ先をえり好みしにくい状況になりつつあります。新入社員の数自体が増えてきたからです。

特に大量採用(通年と比較して倍以上の規模)をした会社では、退職リスクも覚悟して、「えいや!」での現場配属になることも多々。新入社員、現場、人事部それぞれにとって悩ましい状況になりつつあります。

大量入社は華々しいけれど…

マイナビの調査によると、新卒の採用数が回復期に入った2013年卒と比較して、2014年入社組は2割以上も増加予定。中には、オリンピック特需を見込んで4~5割の増加を見込む企業もある様子です。

たとえば、飲食・サービス業界ではアルバイト・パートの時給が大幅に上昇。正社員への採用にシフトして、新卒の採用数が大幅に増加しています。建設業界では総合職として施工管理、技術開発、設計などでの活躍を期待する電気・電子・情報工学・建築・土木系の人材は「何人でも欲しい」と、多くの会社の人事部が人材確保に奔走しています。

次ページ入社式は派手なほどいい?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。