「報酬ダウン転職」を選ぶ人の"胸の内"

リスクを取る人たちの判断基準

余談ですが、転職エージェント(人材紹介会社)は高い報酬の会社に転職してもらったほうが、会社側から高い手数料がもらえます。ゆえに、報酬の高い会社を勧めがち。こうした、エージェント側の事情で、高い報酬の会社に転職することイコール転職の成功、という認識を助長した可能性があります。

話を戻します。それでも黒田投手のように報酬の「安いほう」を選ぶ人がいます。前職より安い、オファーがいちばん高いわけでない会社への転職です。

筆者は、転職経験はありません。が、人材紹介会社の事業部長を務めたことがあります。それが現在のリクルートキャリアですが、この会社の調査(2014年)によると、現職より報酬が下がるにもかかわらず転職した人は全体の3割以上。報酬ダウンでも転職する人はけっこういるのです。

では、どうして報酬ダウンでも転職をするのか? まずありうるのは「逃避型」。上司や同僚との人間関係が耐えがたい、仕事で結果が出ないために居場所がない――と、現在の職場から逃げられるなら、待遇は気にしないという人は確かにいます。筆者も、

「今の上司の指導は過酷すぎる。気楽に働ける会社に転職したい。報酬が下がってもかまわない」

と相談を受けたことが何回もあります。きれいな言葉で言えば、ワークライフバランスを重要視する選択。ただ、こうした転職は黒田投手の決断とはまったく異なります。後ろ向きに報酬ダウン転職するパターンだからです。このパターンに関しては本記事では割愛して、「前向き」なものを分析していきます。

「前向き」に決断する人たちの”判断基準”

でも、報酬ダウンをどうして前向きに決断ができるのか? 周囲の反対はあるでしょうし、生活レベルを下げざるをえなくなるかもしれません。生活レベルを下げることは苦痛が伴うものです。たとえば、狭い部屋に引っ越す、食事する店が変わるなど、日々の生活水準のダウンは意外とこたえるものです。

その覚悟も含めて、前向きに決断できるとすれば、それなりに理由があります。報酬ダウンで生活レベルを下げ、そのままでかまわないという人はあまりいません。実は、将来的に得られる対価への「投資」と判断している人が大半です。転職に際して、いったんは報酬が下がるものの、いつかは相応の形で返ってくる――そう思っているのです。

次ページどうやって取り戻すのか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング