東大ママも直面!育休明けの「ジレンマ」

最高にモヤモヤする「4月復帰直前」対策

東大ママの中には、上記のように、さまざまな形で会社や上司に意欲や忠誠心を示そうと努力してきた女性もいるようですが、それも水の泡であるかのような復帰後の思いがけぬ配属も多いもよう。

「無制限に残業ができない」「突発的に子どもの発熱などに対応しないといけないことがある」ことにより、妊娠前の部署から異動させられたり、責任ある仕事を任せてもらえなかったりする「マミートラック」問題が、東大ママにも降りかかります。

子どもへの罪悪感

東大卒ママの集まりと言うと、「子どもが産まれても仕事が大事!」とバリバリやり続けられる人ばかりと思われることも多いのですが、みんな子育てとのバランスには大きく心揺れています。迷っています。モヤモヤしています(夫の収入がそれなりにあり、経済的にどうしても働かないといけないというわけではない場合、それゆえに、「やりがい」がない仕事に移行しているとなおさら、「子どもを長時間預けてまで?」と、仕事を続けるべきかどうか悩むことになる面もあるでしょう)。

・生む前は産後6カ月くらいで復帰して、バリバリ働こうと思っていた。でも、3年ごとに異動があって、誰でも代わりがきく仕事に疑問を感じるようになった。
・職場で子どもがいることを理由にしたくないし、子どもの発熱で休んだこともこれまで一度もない。ただ、自分の親を頼る前提で仕事をしていることに罪悪感を感じる。親も体力的にきつい。そこまで仕事がしたいのかもわからない。負担とやりがいが見合わない。
・24時間一緒にずっといることがすべてじゃないと思うし、子どもを預けることに抵抗はない。ただ、生活リズムは保ってあげたいと思うし、貴重な時間で働いている分、これまでと同じ成果物を出しても、これ本当に意味あるの?と思う。考え方が子ども軸になった。

現状が働きやすい職場でも、それが特定の部署での話であり、そこを出た後でも両立ができる見通しが立たなければ、悩みは尽きません。

次ページ長期的には、こんな悩みが
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT