40代先輩ワーママがプレッシャーです

「上を目指せ」「そこまで働きたくない」の激突

 結婚・出産で大きく変化する女子の人生は、右にも左にも選択肢だらけ。20代はもちろん、30代になっても迷いは増すばかり。いったいどの道を選べば幸せに近づけるのか? 昨年、東洋経済オンラインに登場、大反響を呼んだ元リクルート“最強の母”堂薗稚子さんがお答えします。

今回は、上司のワーキングマザーからのプレッシャーに悩む、30代女性からのお悩み相談です。

(ご相談)
 育休を1年半取得して、4月から復職しました。配属先の上司が40代半ばのワーキングマザーで、価値観を押し付けてくるので困っています。
 私は時短を取得しており、家庭に軸足を置いて、これまでとは違う働き方を模索中ですが、フルタイムで働く上司は、「私はこうやって乗り切った」「管理職を目指すならもっと仕事しなさい」などと、いつも私に言ってくるのです。
 悪気はないのでしょうが、ため息がとまりません。残業も出張もこなし、家事や育児を外部の業者に任せてまで働く彼女のようにはなりたくないと思っている私がいます。
 あんなふうに働かなければ続けていけないのなら、退職もありかなと思い始めています。こんな私はワーキングマザー失格なのでしょうか? どう対応すればよいのでしょうか?
                                            (会社員、34歳)

そりゃ、この「バリキャリ礼賛」ムードの中ではね……

あなた、私の元メンバー?(笑)。

私のメンバーたちも少なからず同じように思っていたのでしょうねぇ。価値観の押しつけ、に感じているわけですね。自分のことを相談されて、自分で答える、みたいな気分ですが、それにしても、「その相談、なぜ私にするの?」と思うほど挑戦的に聞こえる! 拝読しただけで、すでに一緒にお酒を飲みたい気分になってきました。

写真:アフロ

とにもかくにも、あなたはまったくワーキングマザー失格なんかじゃありませんよ。まさに、典型的な悩みを抱えたワーキングマザーのおひとりだと思います。

いわゆる「バリキャリ」風のワーキングマザーが、「管理職比率向上」とか「女性活躍」とかのテーマでスポットを浴びていることに違和感を感じているのは、あなただけではなく、多くの人に共通のもやもやだと思います。

「出世」が活躍である、なんて誰も言っていないし、「上昇志向」「成長」という言葉も「出世」と同義ではないのだけれど、今の風潮は確かに、「細くていいから長く働き続けていきたい」とか、「家計を助ける程度に、家庭をメインにした働き方をしたい」とか、そういった志向の女性たちを、「じゃ、私は活躍していない女性社員ってこと?」という気持ちにもさせてしまうと思います。

次ページ女性たちの「多様性」がすごいことに
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT