後輩に追い抜かれた私は、惨めですか?

ここでしくじると"ネガティブ伝説"だけが残ります

 結婚・出産で大きく変化する女子の人生は、右にも左にも選択肢だらけ。20代はもちろん、30代になっても迷いは増すばかり。いったいどの道を選べば幸せに近づけるのか? 昨年、東洋経済オンラインに登場、大反響を呼んだ元リクルート“最強の母”堂薗稚子さんがお答えします。

今回は、「後輩男性が上司になってしまって、いたたまれない」という35歳女性からのお悩み相談です。

堂薗稚子さんの著書『 「元・リクルート最強の母」の仕事も家庭も100%の働き方』(角川書店)も発売中です
(ご相談)
35歳会社員です。
今の会社は「男女の区別なく、活躍できる企業」だということが気に入り、新卒で入社し、12年以上働いています。自分なりに、努力もし、成果も出してきたつもりです。
でも先日、10月人事が発表になったのですが、私が指導してきた2つ年下の男性が昇進して、私の上司になることを知りました。「新人のときから厳しく指導してきた後輩男性が上司になる……」ということで、自分が否定されたようで、正直、ショックを受けています。
自分の気持ちをどう整理すればよいか、後輩とどう接すればよいか、わからなくなってきました。どんな気持ちで毎日を過ごしていけばいいのでしょう? アドバイスいただけたらと思います。

感情をむき出しにしては、ゴシップのえじきです

うーむ、これねぇ……。つらいでしょうねぇ。ありますよね。自分の同期とか後輩とかが、自分を超えていったときのなんとも言えない気持ち。

「おめでとう!」「頑張ってね」と言いたいけれど、ほっぺが引きつった笑顔しか作れていないような。周囲のみんなが「彼女、抜かされちゃったわね」などとうわさして、あわれんでいるんじゃないかという被害妄想がぐるぐるして、もういたたまれない気分になりますよね。別れた恋人がいきなり結婚することを知ったときの気持ちと少し似ているかもしれないですが、人事は「他人からの評価」が絡んでいるから、「私のほうが幸せになってやる!」ってわけにもいかない。

あなたが考えてしまうとおり、周囲はあなたを好奇心を持って眺めていると思います。他人事の「人事」って面白いゴシップですからね。

次ページ私が犯した、とんでもない失敗
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT