どうする?非正規雇用ママの「やりがい」問題

33歳、やりがいの小さい仕事を変えるべきか

 結婚・出産で大きく変化する女子の人生は、右にも左にも選択肢だらけ。20代はもちろん、30代になっても迷いは増すばかり。いったいどの道を選べば幸せに近づけるのか? 昨年、東洋経済オンラインに登場、大反響を呼んだ元リクルート“最強の母”堂薗稚子さんがお答えします。

今回は、転勤する夫に伴って転職を続けるワーキングマザーの方より、「やりがい転職」に関するお悩み相談をいただきました。

堂薗稚子さんの著書『 「元・リクルート最強の母」の仕事も家庭も100%の働き方』(角川書店)も発売中です
(ご相談)
 これまで、結婚してから主人の転勤などで2回転職しました。
 直近で転職した際は、子育てしながらでしたのでうまく両立できず、半年以内で退職となってしまいました(子どもの入退院も重なり)。現在は、2歳の子を保育園に預け続けるためにも働く必要があり、とりあえず働き先を見つけて勤務していますが、非正規雇用のため、仕事のやりがいや内容に満足できず、もやもやしています。
  仕事との両立はできておりますし、何度も転職を重ねるべきではないと思いながらも、年齢と子どもがいるという状況から、だらだら転職を後回しにしてしまうと更に転職できなくなるのではないかと不安になっています。
  この場所でもくもくと作業者として仕事を続けるべきか(非正規雇用のためキャリアップはのぞめません)、最後のチャンスとして年齢を重ねる前に動くべきか、どうしていいのかわからなくなってしまいました。
  個人としては、両立しながらやりがいのある仕事をしたいという気持ちが強いのですが、わがままな要望なのでしょうか?どうかよろしくお願いいたします。(33歳、会社員)

33歳は「最後」なんかじゃない!

33歳で「最後のチャンスとして年齢を重ねる前に……」ですと?

33歳からならあと50年くらい軽々生きる時代、最後ってことはないでしょ? 45歳の私にも、まだチャンスはあると信じてるんだけど?(笑)。まぁ、それはさておき、もやもや、不安、焦る気持ちも、よーくわかるけど、深呼吸してちょっと気を楽にして考えたほうがいいと思いますよ。

ご主人の転勤、お子さんの入院など、家族の事情の中で転職や退職をされてきたとのこと。そのときもいろいろ悩まれて、決断されてきたんですよね。何かをあきらめるって大変な決断ですから、大変だったね、偉かったね、とまずは言いたくなります。そして、あなたの「仕事でもやりがいを持ち、家庭と両立したい」との考えは、ちっともわがままじゃない、と私は思います。

次ページ採用は、スペックだけでは決まらない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT