ウクライナ国民が直面する「コロナ感染の危機」 戦争最大の犠牲は戦死より「戦病死」という史実

印刷
A
A
侵攻下のウクライナで新型コロナの感染状況はどうなっているのでしょうか。写真は3月2日、ロシアの砲撃を受け、地下鉄キエフ駅に避難する市民(写真:ブルームバーグ)

ロシアが突如ウクライナに侵攻を開始して1カ月。ウクライナ側の予想以上の抵抗を受け、戦争は長期化の様相だ。

ところで渦中のウクライナでは、新型コロナはどうなっているのか――連日の報道の中で、医師として気になるのはその点だ。

テレビで現地の様子が映し出されても、マスクをしている人のほうが少ないくらいだ。だが、彼らにはもともと着ける習慣がない。この状況では、なおさらマスクどころではないのだろう。かといって、ロシアの侵攻でウイルスが退散するわけもない。

ウクライナの新型コロナ事情を少しだけ調べてみた。

更新が止まった新型コロナ感染者数

と言いながら、結論から言えば、これが実際さっぱりわからない。

これまで感染者数を公表してきた「ウクライナ国家安全保障防衛評議会」のサイトは、ロシアによる侵攻が始まった2月24日から、アクセスできなくなっている。その時点では、1日あたりの感染者は2万7000人超だった。

ジョンズホプキンス大学のデータベースによれば、侵攻直前のウクライナは新型コロナ第4波の中にあったものの、1日あたり感染者数は2月11日の約4万2000人をピークに減少傾向ではあった。

だが、3月初旬のウクライナの気候は最高気温が5℃前後、最低気温が氷点下で、まだ東京の真冬以上の厳しさだった。インフラ施設や医療機関も攻撃を受け、自宅にとどまっている人も避難した人も、体調管理が難しい状況にある人は少なくないだろう。

「そうは言っても、今はワクチンがある。治療薬もできてきた」という指摘があるかもしれない。

だが、同データベースによれば、ウクライナの接種率は2月24日時点で全人口の約35%。追加接種を受けたのはわずか1.7%だ。これまでに504万人が感染しており、これは全人口の約11%にあたる。

少なくとも過半数のウクライナ国民はワクチン未接種かつ未感染で、新型コロナへの免疫がないと推察される。

医療は逼迫している。

次ページ新型コロナ病床使用率は、83%も低下
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT