TOEICだけでは英語は話せない!?

日本の教育を変えるキーマン 千田潤一(3)

千田日本の意見を、ETSが吸い上げて作ったのでしょう。というのも、LRの2技能しか試さないTOEICスコアがいくら高くても、英語でコミュニケーションがうまくできない日本人がたくさん出てきましたからね。

TOEICに最初に向けられた代表的な批判は「下から上まで全レベルの英語の実力を測れるというけど、下のレベルはキレイに測ることができないじゃないか」というものでした。それでTOEIC Bridgeができた。次に「スコアが高いのにコミュニケーションできないじゃないか」という批判に応える形で、SWテストができた。どれも、受験者からの声を米国のETSにフィードバックして、テスト開発をやってきたのだと思います。 

TOEIC は730か800点で卒業してTOEIC SWへ!

安河内2004年にはSWテストも登場し、別々の試験であるにはせよ、TOEICテストは4技能のテストにとりあえず生まれ変わったんですよね。ただ現状を客観的に見ると、LRの受験者は年間230万人なのに対し、SWは1万5000人。これでは暴走は全然止まりませんよね。

SWの受験者は毎年かなり増えてきていますが、LRに数年で追いつくほどのペースではありません。この現状をひっくり返すための秘策はあるのでしょうか?

千田潤一(ちだ・じゅんいち)
アイ・シー・シー代表取締役、英語トレーニング法指導者
1948年、岩手県生まれ。福島大学経済学部卒。タイムライフ、 AIU保険会社など実業界で英語を使った実務を経験した後、TOIECを普及促進する国際コミュニケーションズを経て現職。英語トレーニング法指導者の第一人者として、企業や学校などで講演を数多く実施。講演回数は4800回以上、受講者数は19万を超える。シリーズ累計50万部以上の「英会話・ぜったい・音読」(講談社)など、著書多数。英語学習のモットーは、The Key to success is starting and not stopping.(成功の鍵は始めることと辞めないことだ)。

千田秘策ではないですが、正論として、まずは「LRだけでなくSWもやるべし!」ということを、ずっと言い続けなければなりません。

安河内私も千田先生のパートナーとして、一緒に言っていきます!

千田よろしくお願いします。TOEICの発案には、もうひとり、早稲田大学元教授の三枝幸夫先生という影の発案者もいたのです。三枝先生は、テスト開発をするならETSしかないと言って北岡さんにアドバイスした方です。その三枝先生は生前「730点を取ったらもう受けるな!」と言っていました。「受けるよりどんどん使うべきだ」とね。

730点あればコミュニケーションの素地は十分あるんだから、あとは使うことで伸ばそうという考えです。私もそう思います。そして、「TOEICで730点を取ったらSWテストを受けて、発信の世界に羽ばたこう!」と言っています。

安河内私の個人的な意見としては、800点を超えれば、805点であろうが990点であろうが、もう関係なし。800点超えしたらSWテストだけ受けるというのが、自然な英語力の伸びにつながっていくと思っています。でも現状としては、2000年代前半のTOEICのLRの勢いが強すぎたために、「990点満点」の威力というか呪縛からいまだに抜け出せないでいる。

千田「TOEIC990点○回連続取得」とかいう人がたくさん出てきましたね。So what?という感じです。

次ページTOEIC満点は990点ではなくて1390点
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT