TOEIC800点でも"通じない"日本人の英語力

グローバルコミュニケーション必須の「3点セット」とは

マーケティング理論、競争戦略をストーリー仕立てでわかりやすく学べる50万部突破!の人気シリーズ完結編『100円のコーラを1000円で売る方法3』(永井孝尚、中経出版)が6月10日に刊行された。第3巻の舞台は外資系大手の参入で混乱する国内市場。グローバル時代の企業の生き残りがテーマである。
ここでは、日本アイ・ビー・エムに30年間勤務してきた筆者のビジネス経験を基に、本書では語られなかったグローバルコミュニケーションのエッセンスについて紹介する。

「価値観の共有」を「気が合う」と勘違いする日本人

『100円のコーラを1000円で売る方法3』は、国内中堅会計ソフトメーカー駒沢商会の商品企画部長だった与田誠が、会計ソフト世界トップのガンジーネットに引き抜かれたところからスタートする。

書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

ガンジーネットCEOのサニル・ガンジーは、業界でも名高い与田をガンジーネットの日本法人社長として獲得するために、ヘッドハンター経由で会合をセットした。サニルは握手の後、次のセリフで会話を切り出す。

「ヨダさん、あなたは世界の中で、日本の市場をどのように認識していますか?」(『コーラ3』27ページ)

ここで、サニルが面談の目的やガンジーネットの理念には一切触れていないことに注目してほしい。その後の与田の答えに対しても、サニルはあくまで質問者に徹している。なぜだろうか。

それは、この2人が会った目的を考えると理解できる。サニルは、ガンジーネットの理念を与田に伝えるつもりは毛頭ない。まして親睦を深めるために会うのでもない。サニルが与田と会った目的はただひとつ。それはお互いの考え方と価値観が合っているかどうかを確認することである。

サニルが「イエス/ノー」で答えられる質問ではなく、オープンクエスチョンに徹したのも、これらの背景を考えるとわかるだろう。仮に与田がガンジーネットの理念に共感しても、自分と価値観が共有できない人物であれば意味がない。

ユーザーの要求水準の高い日本市場攻略が、グローバル市場でさらに飛躍するための試金石だと考えていたサニルにとって、与田が日本市場をどう見ているか。課題はどこにあって、それをどう打開するのか。与田自身の考え方を見極めることが最優先だったのだ。

次ページグローバルコミュニケーション必須の「3点セット」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT