TOEIC800点でも"通じない"日本人の英語力

グローバルコミュニケーション必須の「3点セット」とは

ここで決して勘違いしてはいけないのは、「価値観を共有する」というのは、単に「気が合う」という意味ではないことだ。必要なのは、同じ目標に向かって、考え方を共有して仕事を進められるかどうか。ヘッドハンティングの現場では、お互いの価値観をすり合わせることは求められてはいない。合うか合わないか。合わなければ、別々の道を歩めばいい。それだけのことだ。

グローバルコミュニケーションの鉄則、「3点セット」とは?

サニルは与田が持論を展開するのを聞いて、その場で与田を迎え入れることを即決した。与田の何がサニルの心をとらえたのだろうか。

与田の議論の仕方はシンプルだ。まず、はっきりとした「主張」がある。そして、それを支える「事実」と「論拠」が示される。「主張」「事実」「論拠」の3点セットはロジカルシンキングの基本であり、どれかひとつでも欠けると、外国人には通じない。

ところが、日本の会社組織は、「すべて言わなくても通じるだろう」という暗黙の了解、あうんの呼吸で仕事が回っていくので、ロジックの組み立てが苦手な人が多い。意見はあっても、事実の裏付けがなかったり、一般的なルールや法則に基づかない例外規定が多すぎたりするので、文化背景の異なる外国人を納得させることができないのだ。

さらに問題なのは、「私はこう思う」「こうしたい」という明確な主張がないケース。意見がない人とは、そもそも議論することができない。だが、そういう日本人が少なくないのが現実だ。

次ページTOEIC 800点でも通じない……っ!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT