TOEICだけでは英語は話せない!?

日本の教育を変えるキーマン 千田潤一(3)

安河内あ、すみません、私もずっと長い間、肩書きでそううたってました。ダメですね! でも最近は極力、1390という数字(LR+SWの合計)を使うようにしています。

千田英語学習誌の取材を受けるとき、必ず僕が編集部にお願いするのが、「TOEICの満点フリークを作るのをあおるような記事にはしないでほしい」ということです。TOEIC発案者の意図とはまったく違うのだという思いとともにね。満点を取る努力よりも、730点など、ある一定のスコアを超えたら使って伸ばす……。この流れを浸透させたいですね。

TOEICの真の満点は990点ではなく1390点!

安河内そうなればすばらしいです。とは言っても、日本人はテストが大好きですし、それに向けて勉強するのも大好き。だから、テストで牽引しない手はないと思うのです。必要なのは日本人の英語力が自然な形で伸びていくような種類のテストを選ぶこと。そのためにはLRの2技能しか試さない現状から、4技能テストを受けさせることがスタンダードになるように持っていかなければなりません。

2技能で満点のテストだと、テストに出ない2技能は捨てて、いっさい勉強しない人がたくさん出てくる。そして、先ほど「TOEICのLRで990点満点は目指すな」という話になりましたが、現実問題として、満点を目指して勉強を続ける人はこれからも絶えないでしょう。

だったら、テストの満点をSとWも含めた4技能のものにしてしまえばいい。4技能になれば「テストに出ないから」と捨てる技能はなくなりますし、点数アップで4技能すべての実力の底上げが期待できます。TOEICの満点フリークも、スピーキングやライティングをやらざるをえない状況にしてしまうのです。

千田満点を狙うのなら、LRSWの4技能で満点を目指すべき、ということですね。

安河内この連載が2年前に開始された第1回目でも述べたのですが、TOEICの満点は今や990点ではなくて、1390点なのです。

千田LR990点+S200点+W200点=1390点=満点だと。

安河内そうです。1390点以外は満点とは認めてはいけないのです。990点を何十回取っていようが、1390点が取れていなければ満点とは見なさない! 履歴書にもTOEICのLRSWの合計スコアを明記することが標準になるようにしたいですね。

次ページSWテストの受験者がまだ少ないのは名称のせい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT