TOEICだけでは英語は話せない!?

日本の教育を変えるキーマン 千田潤一(3)

安河内TOEICテストの開発や管理を行っている米国のETSさんには、日本で一生懸命SWテストのプロモートを草の根でしている私たちの意見を、ぜひくんでいただきたい!

千田名称変更と、4技能のスコア均等型の早期実現をですね!

安河内運営システムはうまく行っているので、変えなくてけっこう。4技能をまとめてひとつの試験にすると、受験者に敬遠されてしまう可能性もあるでしょうから、LRとSWのテストを分けたままなのもよいと思います。ただし、少なくとも4技能均等スコアで、スコアリポートに4技能を併記し、そして満点を4技能の満点にしていただきたい。満点が800点なり1980点なるように早くしてほしいですね。

千田受験者ニーズに合わせて、4技能から必要なものだけ受けられるようにしてもいいですね。キャビンアテンダントなら最も求められるのはスピーキングですから、Sテストだけを受けられる、というようにね。

安河内そうですね。長期的には4技能受験が必要な人のために、ひとつのテストで4技能が測れるものも開発してほしいと、もちろん思います。ただ短期的には、今あるテストに簡単な変更を加える。これで一気にSWの受験者も増え、日本の英語教育がよい方向に向かうはずです。

マイナーなTOEIC Bridgeこそ日本人に最適!?

千田テストの難しさのレベルで考えると、大方の日本人にはTOEICテストよりも難易度の低いTOEIC Bridgeのほうが合っていると思うのです。だから、4技能をひとつにまとめた、TOEIC Comprehensive的なテストを作るのなら、TOEIC Bridgeレベルにしてほしいですね。

安河内そうですね。TOEIC4技能化も大事ですが、TOEICがカバーできるのは上位層になりますからね。「TOEICなんて簡単だ」という人も中にはいるかもしれませんが、日本人のビジネスパーソン、学生全体の英語力の平均値からすると、かなり難しいと言えます。

千田そのとおり。日本人の英語力をより正確に表している団体受験(IP)の平均点は470点前後、最多得点層は350点程度ですから、多くの日本人には、TOEIC Bridgeのほうがよりオススメと言えるでしょう。

安河内TOEICが難しすぎて苦しんでいて、結果として英語嫌いになってしまう人も少なくないと思います。ですから、TOEIC Bridgeレベルの4技能型テストがビジネス英語の指標となるとよいと思います。

千田この国でいちばん必要とされているレベルのテストです。

安河内求められているタスクが「やればできる」と思えるものになるので、テストに向けた勉強も苦にならず楽しくできるでしょう。

千田TOEICテストでLRのスコアが何度受けても低いままという人も少なからずいます。そんな人たちにも対応できるのがTOEIC Bridgeなのです。

(構成:山本 航、撮影:上田真緒)

※次回(最終回)は12月29日(月)に掲載します。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 見過ごされる若者の貧困
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT