働かないオジサンを生む「不安」とは?

「サラリーマンとしての自分」の見つめ直し方

私は、個人事業主やフリーランスの働き方がよいと言うつもりはまったくない。彼らや彼女たちには、違った意味での大変さがあることも話しているとわかっている。

ただ、商店主やフリーランスの友人と話をしていて、サラリーマンの枠内だけで考えるのは、うまくないと思ったのである。

個人事業主に会うとサラリーマンの自分が見えてくる

あるビジネス雑誌から「社外勉強会や異業種交流会など、会社の外に活路を求める会社員が増えています。楠木さんはどう思われますか?」と質問を受けたことがある。

そのとき私は「会社の枠組みを超えたサラリーマン同士で情報交換するのは悪くはありません。ただ、できれば個人事業主と出会う機会をもっと増やすといいでしょう」と答えた。ここでいう個人事業主は、農業・水産業従事者、デザイナー、大工、小売店主、コンサルタント、理容師、税理士、写真家、プロスポーツ選手、占い師、芸人など数多くの働き方を含んでいる。

共通点は、組織に所属しないで稼いでいるということだ。会社というメンバーシップの中に納まっていない人と言い換えてもいいだろう。

私の例で言うと、芸人さんの話を聞いているときにいちばん、サラリーマンである自分のことがよくわかる。たとえば芸人さんが、いかに発信に注力しているかに気づくとともに、サラリーマンがいかに発信の姿勢にないかということがわかる。また、お客さんに向き合う態度も彼らから学ぶべき点は多い。

プロである(おカネを稼いでいる)個人事業主の働き方を自分の働き方と重ね合わせてみる。そうすると、サラリーマンとしての自分の立場がよくわかる。それだけ自分を深く掘り下げる機会になるのである。

また、「いい顔」で気持ちよく仕事をしている人からのほうが、より学ぶことができる。その人の個性にあった働き方をしている可能性が高いからだ。

目の前にいる人がどうして楽しく仕事に取り組んでいるのか、自分とは何が違うのかと考えてみる。そこから働くことのヒントを発見しようとするのも、ひとつのやり方である。

【セミナーのお知らせ】
書籍『人事のプロが教える 働かないオジサンになる人、ならない人』の刊行を記念し、セミナーを開催いたします。
セミナータイトル:「イキイキキャリアのための4つの働き方~働かないオジサンにならないために、あなたならどれを選ぶ?~」
日時:11/28(金)13:30~17:00
会場:日本マンパワー本社ビル
詳しくは、こちらをご覧ください。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT