働かないオジサンを生む「不安」とは?

「サラリーマンとしての自分」の見つめ直し方

人の表情が輝いたり、魅力的になるのは、収入や相対的な地位とは関係がないのだろう。

サラリーマンは、会社や上司が求める「あるべき姿」に自分を合わせにいこうとするが、子どもの頃の私の周りの商店主は、自分の足でしっかり立っている強さがあった。

その頃の商店主は、勤め人のことを「月給取り」と呼んでいたが、少し揶揄するニュアンスもあったと思う。

サラリーマンは仕事の実感が得にくい

最近、学生時代の友人たちと会う機会があった。50歳を超えた頃から、こういう集まりが増えている。サラリーマンや公務員になった人もいれば、親の商売を継いだ商店主やフリーランスで仕事をしている同級生もいる。

お互い話していて感じたのは、小商いの商店主やフリーランスの友人のほうが、総じて「いい顔」をしていたことだ。何か安定感があるようにも思えた。現在の収入や将来の年金額をみても、サラリーマンや公務員よりも少ないにもかかわらず、そうなのである。

なぜだろうか?

出席していたサラリーマンである友人は、「われわれは、社内の分業制の中で働いているので、この仕事は俺がやっているという実感が持ちづらい。一緒に働く仲間との関係で自分の存在を確認している」と話していた。だから「こころの定年」のところで述べたように、「成長実感が得られない」「誰の役に立っているのかわからない」といった状況になるのだろう。若手社員よりも、組織の中での役割も不分明になりがちな働かないオジサンは、特にそうである。

一方で、小商いの商店主やフリーランスは、自分の目の前にお客さんが見えているので、働いている実感を得やすい。おそらくこの違いが、「いい顔」の差異に影響しているのだろう。

成長実感や役立ち感が十分に得られないために、サラリーマンは必要以上に不安を抱きがちになるのではないかと思う。確かに先行きが見通せない時代には、経済面の不安はあって当然だが、サラリーマンは足場の仕事に実感を持てないので、不安を増幅させているのではないだろうか。働かないオジサンといっても、本当に気楽そうな人は多くないのである。

次ページ個人事業主に会うと、サラリーマンの自分が見えてくる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT