頂き物に「お返し」したら叱られたまさかの理由 「そんなことするならもう差し上げません!」

印刷
A
A

そうだよ。プライスレスなものをいただいたら、お礼もプライスレスでなければならない。

そう思い至った私は、「いつもいつもいただくばっかりで……でもありがとうございます!」と、エヘヘと嬉しそうな顔でどんどんいただくことにした。

そしてもらったら即座にありがたく食べ、あれが美味しかった、これが最高だったと具体的に感想を伝えた。するとおばあちゃんはそれを覚えていて、私の好みに合わせてあれこれ作ってくれるのだった。さらに甘いものが苦手なことも伝えたら「そう言ってくれた方がありがたい」と喜んで、あまり甘くならないように味付けに気を使ってくださるのだった。

真心込めて感謝の気持ちを伝える

なるほどそうなのだ。「もらう」ことも「もらい方」によっては最高のプレゼントになるんじゃないだろうか? 真心込めて、打てば響くようにアリガトウの気持ちを精一杯伝えること。

そのためのちょっとした工夫……例えば。何がどう美味しかったのかを具体的に伝えたり、一味違う味付けについてそのコツを聞いたり、つまりはちゃんと味わって美味しくいただいたということ、嬉しかったということを、真心込めて、打てば響くようにちゃんと伝えること。これこそ最高最大の「お礼」であり「プレゼント」なんじゃないだろうか。つまりは「もらう」ことそのものが、まさかの「あげる」に転化するのである。

なので、これができさえすれば、「あげる」と「もらう」のキャッチボールは永遠に続き、しかもやりとりが増えるほどにお互いのコミュニケーションが進んでいくので、もらえるものはどんどんバージョンアップして精度が上がっていくのである。

で、ついに到達したのが冒頭にご紹介した「おせち」である。

実は昨年も少し作ってくださって、その時に入っていた酢ダコが老父にえらく好評で、これは美味しいなあと喜んでパクパク食べていたので私も嬉しくなり、イの一番にそのことを報告したところおばあちゃんもえらく喜んで、今年は「いいタコを一生懸命選んで作りましたからね!」と胸を張っておせちを持参してくださった。どれどれとタッパーを開けると美しいタコが整然と並び、その上にたっぷりと柚子が載っかっていた。

ありがたくて涙が出た。

この気持ちをいかにして伝えるべきか。

カラになった重箱の中に、お礼のお手紙と、足の弱くなった父を励ましながら初詣に行った神社で買い求めたかわいらしいお守りを入れて、おばあちゃんの家の玄関に置いた。

開けた時のおばあちゃんの顔を思い浮かべながら。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT