いい人すぎる「岸田"絹ごし豆腐"総理」に待つ苦難

「発信力」「コミュ力」は菅前総理より上なのか?

コミュニケーション戦略研究家でもある岡本氏が「いい人すぎる岸田総理のコミュ力の課題」について解説します(写真:花井徹/ブルームバーグ)
日本を代表する一部上場企業の社長や企業幹部、政治家など、「トップエリートを対象としたプレゼン・スピーチなどのプライベートコーチング」に携わり、これまでに1000人の話し方を変えてきた岡本純子氏。
たった2時間のコーチングで、「棒読み・棒立ち」のエグゼクティブを、会場を「総立ち」にさせるほどの堂々とした話し手に変える「劇的な話し方の改善ぶり」と実績から「伝説の家庭教師」と呼ばれ、好評を博している。
その岡本氏が、全メソッドを初公開した『世界最高の話し方 1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた!「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール』は発売後、たちまち14万部を突破するベストセラーになっている。
コミュニケーション戦略研究家でもある岡本氏が「いい人すぎる岸田総理のコミュ力の課題」について解説する。

期待と注目が集まる岸田総理大臣の「コミュ力」

第100代総理大臣として、岸田文雄氏が就任しました。大きな失政はなかったのに、口下手なゆえに国民の不興を買ってしまった菅前首相の後釜ということで、その「発信力」「コミュ力」に期待と注目が集まっています

『世界最高の話し方 1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた!「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

菅前首相が就任した際の所信表明演説について、私は、ある記事で、その話し方を「みそ汁のよう」と形容しました。

「イチゴ農家の息子から国のリーダーへ」という立身出世物語も共感を呼び、派手さはないけれども、安心感があったからです。しかし、この未曽有の危機下においては、そうした「究極の地味さ」があだとなってしまいました。

岸田首相は、「力強さ」を印象づけようと話し方を工夫している節はありますが、どうにも「インパクトの弱さ」はぬぐえません。

たとえて言えば、「絹ごし豆腐」の味わいとでも形容できるでしょうか。滋養もある、胃にも優しいけど、なんだか弱々しいツルンツルンでつかみどころがなく、クセがない

そんな「岸田氏」の「コミュ力のカルマ(宿命)」とは何でしょうか

次ページ菅前首相よりは「いいはず」だが…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT