侍ジャパンの金メダルで「野球離れ」は止まるのか

一部地域を除いて「マイナー」な野球の未来

金メダルを獲得した侍ジャパン(写真:千葉 格/アフロ)

2008年の北京五輪以来の野球競技は、日本の金メダルで幕を閉じた。日本は公開競技だった1984年のロサンゼルス五輪で金メダルを取ったことはあるが、正式競技となってからは初めてだ。

日本チームの関係者はほっと胸をなでおろしたことと思われる。端的に言えば日本は「鉄板の本命」だった。参加国はわずか6、日本と韓国を除く4カ国は寄せ集めのチームで、中にはいったん引退した選手や所属チームが決まっていない選手もいた。自国のトップリーグの精鋭を選抜することができたのは日本と韓国だけだった。

現役メジャーリーガーが不参加の理由

各国がこうした陣容になったのは、「MLBが一切協力しなかった」ためだ。今回の野球五輪競技の運営を仕切ったのは「WBSC(世界野球ソフトボール連盟)」だ。WBSCはMLBと資本関係があり、その影響下にあるが、世界のトップリーグであるMLBは従来の方針どおり、現役のメジャーリーガーは派遣しなかった。

トップクラスのメジャーリーガーは、球団と巨額の複数年契約を結んでいる。彼らがMLBのペナントレースと関係のないイベントでプレーしてケガや故障をすることは、球団にとって巨額の損失を意味する。球団オーナーはこれを恐れて五輪への選手派遣に首を縦に振らないのだ。

それはアメリカの選手だけではない。ドミニカ共和国、メキシコ、イスラエル、韓国、そして日本のメジャーリーガーも同様だ。だから大谷翔平が侍ジャパンのユニフォームを着てプレーすることはありえないのだ。

そんな中で、日本はNPBのトップクラスの選手を選抜した。昨年の両リーグMVP、沢村賞、新人王を受賞した5選手のうち、セMVPの巨人の菅野智之は辞退したが、パMVPのソフトバンク柳田悠岐、セ新人王の広島、森下暢之、パ新人王の西武、平良海馬、沢村賞の中日、大野雄大が出場した。タイトルホルダーも多く、まさにベストメンバーだった。

次ページ「日本の敵は日本」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT