五輪開催でも「侍ジャパン」の存在意義が薄らぐ訳

築き上げた国際戦略がコロナの影響で瓦解

2019年東京五輪予選を兼ねて台湾で行われたプレミア12、台湾ー日本戦の観客(台中)(写真:筆者撮影)

東京オリンピック野球競技のアメリカ大陸予選でキューバが敗退した。この大会は1位チームが五輪出場権を得るほか、3位までに入れば世界最終予選に進むことができるが、キューバは1次ラウンドで連敗し、それにも入らなかった。

五輪野球競技は公開競技も含め7回行われたが、キューバは金3、銀2の最強チームだった。アマ選手しか出場できなかった時代、いわゆる「ステートアマ」をそろえたキューバの実力は圧倒的だった。しかし2000年のシドニー大会からプロ選手の出場が認められ、優位がゆらいでいた。

キューバの主力は、ソフトバンクのリバン・モイネロ、アルフレド・デスパイネ、中日のライデル・マルティネスとNPBの現役選手だ。彼らはNPB在籍中もキューバ代表としてもプレーすることを条件に日本に派遣されている。NPBでは、キューバ出身選手が他にもいるが、中日のダヤン・ビシエドなどアメリカに亡命したのちに日本に来た選手はキューバ代表に招聘されることはない。

世界最終予選で最後の1チームが決まる

アメリカ大陸予選は、地元アメリカが1位になり五輪出場が決定。2位はドミニカ共和国、3位はベネズエラとなった。

当初の予定では、この両チームはオーストラリア、オランダ、台湾、中国とともに6月16~20日に台湾・台中で行われる世界最終予選に進むことになっていた。

しかし台湾は、新型コロナの感染再拡大によって、予選開催を返上。

急遽、メキシコのプエブラで6月22日から26日に最終予選が行われることになった。また台湾は国内の感染状況に鑑みて、代表チームをメキシコに送らないことを決めた。さらに中国、オーストラリアも世界最終予選出場を辞退した。

その結果、残る最後の出場枠は、ドミニカ共和国、ベネズエラ、オランダの3国で争われることになった。

野球五輪競技は、6チームで争われる。現時点では主催国の日本、ヨーロッパ・アフリカ予選の勝者イスラエル、一昨年11月に行われた「プレミア12」で日本に次ぐ2位になった韓国、同大会でアメリカ勢最上位になったメキシコ、そしてアメリカ大陸予選で1位のアメリカが出場を決め、前述のメキシコの世界最終予選で残る1チームが決まる。

新型コロナ禍で野球五輪予選は大揺れに揺れているのだ。

次ページ野球は世界で見ればサッカーやバスケよりマイナー
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT