高校野球で脱「勝利至上主義」のリーグが広がる訳

甲子園と異なる価値観で運営「Liga Agresiva」

甲子園のようなトーナメント戦とはどう異なるのでしょうか(写真:筆者撮影)

『「甲子園のアンチテーゼ」を行く高校野球の凄み』で、高校野球のリーグ戦「Liga Futura」について紹介した。10~11月に、地域の高校がリーグ戦を展開するというものだ。昨年の時点では大阪府、長野県、新潟県で行われていたが、今秋からリーグ名は「Liga Agresiva」と改称され、参加する都府県、参加校ともに大幅に増える見込みとなっている。

昨年は大阪府10校、長野県8校、新潟県8校の3府県26校だったが、今秋は9都府県64校程度に増えそうだ。

高校野球のリーグ戦はそれほど珍しいわけではない。各地方で高校が集まってリーグ戦が行われている。下級生や控え選手に出場機会を与えたり、練習試合のモチベーションを高めたりするために行われるのだ。「Liga Agresiva」にも、そういう目的は当然ある。しかしそれだけではないのだ。

他のリーグ戦にはない3つのコンセプト

「Liga Agresiva」はリーグ戦運営のコンセプトとして3つの柱を設定している

1.球数制限

高野連も「7日間で最大500球」という球数制限を導入しているが、これよりもはるかに厳しいアメリカの「Pitch Smart」に近い1日の投球数100球程度の上限を設けている。このルールによって、投手の肩肘の負担が軽減されるほか、複数の投手の起用が前提となり、とかく「エース中心主義」になりがちな高校野球の戦術が変わる。またスライダーやフォークを禁止して、チェンジアップ、カーブを推奨し、変化球の割合も設けている。

2.低反発バットの使用

甲子園で使用する高反発の金属バットではなく、アメリカの「BBCOR.50」という規格の金属バット、あるいは木製バットを使用する。高反発の金属バットは、大学、社会人、プロでは使わないため高校球児はステップアップすると「バットのギャップ」に苦しむが、高校時代から低反発バットに慣れることで、芯に当てて振りぬく打撃が身につく。さらに打球速度が遅くなることで、野手は打球を恐れることなく積極的に守ることができる。投打で積極性が身につくと考えられている。

またリーグによって異なるが、全選手の試合出場を義務づけているリーグもある。一戦必勝のトーナメントとは異なり、負けても次があるリーグ戦は、柔軟な選手起用が可能なのだ。

次ページ単なるリーグ戦ではない
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT