生徒全員を救う事を目指さない「N高」の戦略

川上量生「初年度は1500人しか来なかった」

インターネット上に「角川ドワンゴ学園N高等学校」を立ち上げた川上量生氏(右)。開校から2年を経てどうなっているのだろうか(撮影:尾形文繁)  
今年2月に著書『没頭力 「なんかつまらない」を解決する技術』を出版したニッポン放送アナウンサーの吉田尚記氏と、インターネット上で角川ドワンゴ学園N高等学校を立ち上げた川上量生氏。N高クイズ研究会の特別顧問も務める吉田氏と川上氏が、N高について、そしてビジネスについて語り合った。

人に自慢できるような通信制高校を作りたい

吉田:これは精神科医の斎藤環先生がおっしゃっていたことなんですが、「ニコ動は引きこもりに効く」らしいんですよ。それと川上さんが立ち上げたN高等学校というのは、実はとても近いのではないかと思って、本日はお話を聞きに来ました。

ところでN高(N高等学校)は開校から2年経ちますが、初めのころと比べて状況が変わってきたというようなことはありますか?

川上:最初に思っていたことと、やってみると違っていたことはいくつかありますね。まず経営者的なことをいうと、始める前は初年度から1万人くらいは生徒が来るだろうと思っていたんですよね。ところがふたを開けてみると1500人しか来なかった。当然、僕はショックを受けたんですが、教育業界的には初年度でこれだけの人数が集まったということが驚きだったらしく、「1500人って驚かれる数字なんだ!」ということに僕はさらにショックを受けました(笑)。

吉田:そこはリアルサービスとネットサービスの違いという感じですね。

川上:それともう1つは、学生たちが予想外に早く学校に誇りを持ってくれたということ。もともとN高設立は現在校長をしている奥平(博一)さんと、それまでいろいろな通信制高校の立ち上げに携わってきた中島(武)さんが、ドワンゴの取締役の志倉(千代丸)さんのところに持ち込んできた話だったんです。

彼ら曰(いわ)く、通信制高校の生徒たちが抱えている問題というのは友達ができないことと、恥ずかしくて人に通信制高校へ通っていることが言えないことなんだ、と。そして、そういう子たちの多くはニコ動を見ている。だったらドワンゴと角川が通信制の高校を作れば、彼らが行きたいと思える、そして行っていることを堂々と言える学校になるはずだ、と。僕はその話に納得して、ネットの高校を僕たちで作ろうと決めたんです。

次ページN高にはネット部活がある
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。