超難関大への現役合格に強い高校トップ100

東大・京大・国公立医学部への現役合格率は?

現役で東大・京大・国公立大学医学部に合格した比率が最も高かったのは、兵庫にある私立・灘高校だ(写真:purezo / PIXTA)

大学合格実績は高校や中高一貫校選びに欠かせないデータだ。同じ偏差値の学校だったら、大学合格実績が高い学校を選ぶのが一般的である。特に東大合格者が出る影響は大きい。偏差値の低い学校だったら、お買い得との見方になり、関心が高まる。最難関の東大に合格者を送り出せるとなれば、それは学校の教育力と評価される。子どもが志望する大学・学部にも合格させてくれるのではとの期待が高まる。

難関大というと、東大、京大が頭に浮かぶ。最近は京大の人気が高まっており、東大と対照的な動向になっている。京大の近畿圏2府4県からの合格者占有率(2府4県の合格者数合計÷都道府県総合格者数×100)を、2008年と2018年で比較すると、55.9%から50.8%へ下がっている。それだけ近畿以外からの合格者が増えていることになる。東京都からの合格者占有率も、2008年の3.7%から2018年は7.3%へと、ほぼ倍増。埼玉、千葉、神奈川県でも増えており、合計すると12%を超えている。

大手予備校によると、昔のように東大に偏差値が足りないから京大に、という考えはないという。そうした受験生は一橋大や東京工業大を目指す。首都圏でも初めから京大を狙う受験生が増えている。この傾向は2012年から顕著になってきた。

京大は近畿圏外からの入学者が増えている

2011年の東日本大震災を受け、首都圏でも被害が出て、水や食料が売り切れたり、計画停電が行われたりして、受験生は勉強どころではなくなった。翌年の大学入学後も、勉強できないかもしれない不安から、京大を目指す傾向が強まった。さらに、山中伸弥教授のノーベル賞受賞なども追い風になり、首都圏で京都大人気が高まっていったと見られる。

次ページ東大の「地元化」が進んでいる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 内田衛の日々是投資
  • 就職四季報プラスワン
  • 「合法薬物依存」の深い闇
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。