超難関大への現役合格に強い高校トップ100

東大・京大・国公立医学部への現役合格率は?

3位は女子校トップとなった桜蔭で37.7%。内訳は東大59人で、うち理Ⅲが6人、京大は3人で、うち医学部医学科が1人、国公立大医学部は25人の計87人だった。女子は男子よりも現役志向が強いが、全合格者113人に占める現役合格者の割合は77%だった。

東大合格者数175人で37年連続トップの開成は、5位の36.4%である。東大の現役合格者数は116人でこちらもトップだ。理Ⅲは8人が現役で合格している。京大は5人で、うち医学部医学科は1人だった。国公立大医学部は24人。合格者合計で145人とトップだが、卒業生数も多いため5位になっている。

国公立大医学部合格者132人で11年連続トップの東海は11位。東大17人で、うち理Ⅲは2人、京大24人、うち医学部医学科2人、国公立大医学部はトップの79人で、計120人となり、合格者数は開成に次ぐ2位である。

18位の北嶺は22.8%だが、卒業生が123人と少ない。東大9人で、うち理Ⅲ1人、京大2人、国公立大医学部17人の計28人。国公立大医学部のうち、地元の北海道大が5人、札幌医科大が9人と、ほとんどが地元の大学に合格している。

東大合格を蹴って海外大へ進学

結果を見ると、圧倒的に中高一貫校が強い。しかも男女別学校が上位を占めている。その中で公立高校トップになったのが、16位の北野(大阪府立)。京大合格者は84人で、1984年以来34年ぶりに合格者数トップに立った。東大6人、京大は61人で現役合格者数もトップ、国公立大医学部8人の計75人だった。進学に力を入れる文理学科を設けてから、北野の躍進は始まっている。

公立高は現役合格者が少ないと言われ、“高校3年間プラス浪人1年で4年制”とも言われていたが、最近は現役合格者が増えている。

「週刊東洋経済臨時増刊 本当に強い大学2018」(東洋経済新報社)。書影をクリックするとアマゾンの販売サイトにジャンプします

公立高だけを見ると、北野に次ぐのは、32位で京大に強い堀川(京都市立)。35位の日比谷(東京都立)は今年、東大合格者が48人で、48年ぶりに合格者数トップ10入りを果たした。現役生でも33人合格だ。42位の天王寺(大阪府立)は京大への合格者が多い。44位の旭丘(愛知県立)45位の新潟(新潟県立)、48位の札幌南(北海道)、49位の膳所(滋賀県立)の順である。いずれも都道府県トップの進学高だあり、どこの地域でも公立高改革に乗り出し、進学向上に力を入れている。日比谷も進学指導重点校に指定され、合格実績が伸びている。

中等教育学校も出てくる。これは比較的新しい学校の種類だ。6年一貫教育で、中学に当たるのが前期、高校に当たるのが後期となる。後期での生徒募集はない。トップは23位の海陽。トヨタ自動車、JR東海、中部電力などが設立し、全寮制の学校である。次いで53位の小石川、59位の中央の順となった。

このように見てくると、やはり各校の実績も、東大に強い、京大に強い、国公立大医学部に強いなど、地域によって変わってくることが分かる。もっとも、こういった難関大、医学部に合格しても、入学しない受験生は少なからずいる。東大の現役合格者のうち、12人が入学していない。理Ⅰや理Ⅱに合格しても、慶應義塾大学の医学部に進学する場合があるため、と見られる。最近では東大を蹴って、海外の大学に進学する受験生も出てきているという。進学にもグローバル化の波が押し寄せているようだ。

次ページ東大、京大、国公立大医学部に強い学校1~50位
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。