進学校教師が選ぶ「生徒に人気の大学」100

明大が早大を抑え2年ぶり2度目の首位に!

トップに返り咲いた明治大(撮影:大澤 誠)

大学通信では毎年、全国約2000進学校の進路指導教諭に「生徒に勧めたい大学」「面倒見が良い大学」といったアンケート調査を実施している。2015年は750校から回答を得た。その中で「生徒に人気がある大学」はどこかを聞いている。5校連記で大学をあげてもらい、最初の大学を5ポイント、次を4ポイント……として集計した。高校教諭の視点で判断する「生徒に人気がある大学」とはどんな大学なのだろうか。

関西では関関同立より近大が上位に

1位は明治大。ここ10年で早稲田大が8回トップに立っているが、明治大は2013年に続き2回目のトップとなった。2位は早稲田大で、トップを奪われた形となった。両校に共通しているのは志願者が多い大学ということだ。当たり前のことだが、生徒に人気の大学は志願者も多くなる。一般入試志願者ランキングでは、昨年も今年も2位明治大、3位早稲田大の順だ。そもそも、明治大は2010年から13年まで志願者数1位で、今も志願者は10万人を超えている。早稲田大は2009年まで11年連続でトップだった。志願者数は人気のバロメーターになっているともいえるだろう。

一方、2014年~16年と3年連続で志願者数1位の近畿大はどうだろう。今回は14位にランクインしている。2006年の「生徒に人気がある大学」ランキングでは54位だったので、この10年で大きく順位を上げている。関西の有力私立大の関関同立は、16位関西大、17位同志社大、19位立命館大、22位関西学院大となっており、それを上回る人気だ。志願者数増が人気を高め、さらに志願者数も増加――。そんな好循環が生まれていると思われる。

明治大が「生徒に人気がある大学」ランキングでトップになった理由は、やはり大学改革にあると見られる。1998年に駿河台キャンパスに新校舎リバティータワーを竣工、女子トイレにはパウダールームを設けるなど、当時としては画期的な新校舎を建てた。新校舎は女子を集めるのに欠かせない。古い歴史ある校舎では、「トイレが汚そう」「暗くなると何か出てきそう」などと敬遠する女子は少なくない。その後もキャンパス整備は続けられ、周辺の古い校舎が次々と新校舎に生まれ変わっている。

次ページ明大を志望する別の理由
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT