「東大」が米国一流大学より優れている理由

東大はアイビーリーグに「6勝4敗」

東大はアイビーリーグに「6勝4敗」で勝っている(写真:YNS/PIXTA)
「東京大学vs.アイビーリーグは6勝4敗で東大の勝ち」の真意とは。『教えてみた「米国トップ校」』を書いた東京大学東洋文化研究所の佐藤仁教授に聞いた。

 

──6勝4敗で東京大学の勝ちなのですね。

東大の学費が米国の一流大学、ここでいうアイビーリーグの10分の1であることに、まず3勝分の価値がある。学費が安いことによって門戸は広く開かれる。米国には各種の奨学金があるといっても、4割ぐらいの学生は親が学費を黙って出す所得層。日本の学生は10分の1でやってきていることを何より評価すべきなのだ。

東大をはじめ日本の大学が勝っていること、むしろ強さだといえることに、教員と学生の距離の近さ、留学生の多様さ、さらには米国に追いつけないというコンプレックスの裏返しで、もっと頑張らなければいけないというハングリーさがある。ほかにもキャンパスの安全さなども加えて、総合して6勝4敗といっても「うそ」ではないと感じている。

教員の待遇では負けている

──東大が負けている4敗とは。

何といっても教員の待遇だ。給与は圧倒的に向こうが高く、3年ごとに研究休暇も取れる。

さらに、学生を絞り上げて勉強させるシステムとして優れている。それが徹底しているがためメンタル面でやられてしまう学生もいる。そういう副作用があるにしても、体系的に教育する制度としてよくできていて、もちろん施設自体も充実している。

また卒業生をひっくるめ大学を支える体制もよくできている。入学試験において卒業生を動員して面接をする。卒業生をうまく大学のサポートに巻き込むあたりは、東大はもっとまねすべきだと思えるぐらいだ。

次ページ米国の大学には迷信や幻想も
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT