「東大」が米国一流大学より優れている理由

東大はアイビーリーグに「6勝4敗」

ただ、それもこれも大前提に高コストがある。すごい額の寄付金、学費の収入が大きい。もし東大の学費を10倍にすることができたら、それはもういろんなことができる。コストをかければ解決する問題にたくさん直面しているからだ。おカネの勝負になったら、総資産4兆円のハーバード大学や総資産3兆円のプリンストン大学に東大は勝てない。もっとも勝とうとすることが正しいこととは思えないが。

むしろ東大は高コスト体質の道を歩まずに、いかに大学改革を進めるか。そのポイントが教育の充実だと思っている。

米国の大学は卒業するのが難しい?

──研究面の評価は。

佐藤仁(さとう じん))/1968年生まれ。東京大学教養学部卒業。米ハーバード大学大学院修士課程修了。東大で学術博士。専門は東南アジアにおける環境保全・保護。2015年から米プリンストン大学ウッドロー・ウィルソンスクール客員教授を毎春学期兼任。2020年まで延長へ(撮影:風間仁一郎)

研究については分野によって差があるので評価は難しい。東大が優れているところもあれば、プリンストン大が優れているところもある。たとえば東大には医学部があるが、プリンストン大にはない。法学部もない。前提の違いも大きい。研究について日本でも論文引用数や何やかやとよく議論されているし、そこはケース・バイ・ケースということで、その評価はあえてこの本では取り上げていない。

──どこもランキング好きです。

確かに大学も世界ランキングに翻弄されているところがある。そのこと自体は否定されるものではない。ただし、ランキングが意味する実態、特に教室の中で起こっていること、大学教育としてどうかなど、肝心な点について教育改革の中で日本の議論は希薄だ。

──米国の大学に対する迷信や幻想もたくさんあります。

たとえば米国の大学は入りにくく卒業もしにくいとよくいわれる。確かにトップ校の合格率は5~6%で、逆にいえば95%近くが落ちる。各高校の「上澄み」の優等生、日本でいう統一テストの点数がほとんど満点で、それにプラスしてバイオリン演奏で秀でるとかフットボールで全米優勝などといった特技が上乗せ評価される。

だから、入りやすいということは考えられない。しかしいったん入れば卒業はしやすい。確かに授業がとても厳しく、それで落とされていく連中はいるが、その一方でいろんなサポートシステムがある。国内の大学ランキングの指標に何年で卒業できたかという「定着率」があって、その指標クリアのためあの手この手で卒業させようと傾注する。

次ページ米国には「人物入試」というルートも
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT