高校生による大学イメージランキング詳細版

「自由」は早大、「上品」はお茶の水、「自慢」は?

高校生がイメージする「上品な大学」で、多くの得票率を獲得した、お茶の水女子大学(写真:pretty world / PIXTA)

現役の高校3年生から見た、上品な大学、まじめな大学、親しみやすい大学はどこか――。

7月23日の配信記事「高校生が評価した『大学イメージ』ランキング」では、「教育内容のレベルが高い大学」「活気がある大学」「就職に有利な大学」など8項目について、高校生のイメージがマッチする大学を紹介した。今回はそれとは別に12項目を選び、それぞれ得票率の高い大学を紹介していきたい。

「上品」なイメージはお茶の水女子と学習院

このデータは、リクルートマーケティングパートナーズが運営するリクルート進学総研が毎年発表している、「進学ブランド力調査」の結果だ。調査は、関東、東海、関西の学校に通う高校3年生を対象に、自分が志願したい大学や知っている大学などを聞いている。なお、ランキングについては、回答した高校生が通う地域ごとに、関東エリア、東海エリア、関西エリアに分けて算出している。

結果を見ていこう。「自由な大学」で高い得票率を得ているのが、早稲田大学。関東エリア、東海エリアで1位になったほか、関西エリアでも3位に入っている。また青山学院大学も各エリアで上位に食い込んでいる。京都大学は関西で1位のほか、関東でも5位にランクインしている。

「上品なイメージの大学」の上位は、女子大の比率が高い。中でもお茶の水女子大学は、関東、関西で1位、東海でも6位に入っている。全エリアで2位だったのが学習院大学。皇族・華族の教育機関として発展してきた経緯から、上品なイメージが浸透しているのだろう。

次ページまじめな大学は全エリアで東大が1位
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT