ネットの高校「N高校」は教育界を変えるか

桜蔭出身者も「求めてたのはこれ!」と叫ぶ

学校法人角川ドワンゴ学園が運営するN高校の実情とは?(写真:N高校提供)
「ネットの高校」として昨年開校したN高等学校。将来の夢につながる学びができるカリキュラムに惹かれ、異才が集結し始めている。日本の教育に風穴を開けられるか。

音楽祭の会場は「さいたまスーパーアリーナ」

10月半ばの日曜日。東京・築地の高層ビルの一室から発声練習が聞こえてきた。声の主はN高等学校(N高)の男女30人。11月3日の音楽祭に向けた練習だ。音楽祭といえばクラス対抗の合唱を想像してしまうが、通信制の同校生徒は1、2期生あわせて全国に約4300人。当然「対抗」は無理なので、有志で校歌を歌う。会場はなんと「さいたまスーパーアリーナ」。動画配信サイトのニコニコ動画(ニコ動)のユーザーが歌や踊りを披露する「ニコニコ超パーティー」のステージに立つのだ。

「1万5000人の観客を前に歌うなんて、普通の学校じゃありえないでしょう」

大阪から日帰りで駆けつけた女子生徒はそう声を弾ませた。

昨年の音楽祭。さいたまスーパーアリーナで校歌「代数Nの方程式」を歌った。校歌はカラオケでも配信(写真:N高校提供)
次ページ「N高校」最大の特徴は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT