台湾の「至宝」を見に行ってみた!

とっつきにくそうな中国の書画を、今度こそ

中国の書画といっても、書いてある字は読めないし、どこをどう見ればいいのかわからない、という人も多いのではないだろうか。

そこで登場してもらうのが、東京国立博物館の研究員、塚本麿充さんだ。塚本さんの話術にかかると、ぼんやり眺めるしかなかった書や絵が、急にくっきり見えてくる。東京国立博物館で9月15日まで開催中の「台北 國立故宮博物院」展から、4つの美術品を紹介してもらおう。

至宝中の至宝!

まずは、塚本さんが「至宝中の至宝!」という、『行書黄州寒食詩巻(ぎょうしょこうしゅうかんしょくしかん)』から見てみたい。故宮博物院で最も大事にされている作品のひとつだというが、どこがそんなにすごいのか?

その理由は2つある。ひとつは、文字が人の気持ちや性格を表していることだ。
「文字というのは、読めるように、きれいに書くことが大切です。世界中の文字は、今もその段階です。ところが、1000年前の中国に変革が起こりました。彼らは、文字はきれいなだけではダメだと考え、文字で自分の気持ちを表せることを発見したのです」

彼らは、文字の造形から気持ちや性格まで読み取れるような書を書いた。文字が芸術になったのだ。

「ほかの国にはなかった、中国らしい芸術です。中国芸術のいちばん大切な飛躍。それを代表するのが、この1点なのです」

画像を拡大
『行書黄州寒食詩巻(ぎょうしょこうしゅうかんしょくしかん)』蘇軾(そしょく)筆 北宋時代 11~12世紀 台北 國立故宮博物院蔵 8月5日~9月15日に展示
次ページ人生を肯定する力強さ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。