台湾の「至宝」を見に行ってみた!

とっつきにくそうな中国の書画を、今度こそ

2つ目の魅力とは、書かれている中身だ。写真の右側の部分には、蘇軾(そしょく)という人が詩を書いている。彼は官僚であり、詩を作り、書画をたしなむ文人だった。役人生活では恵まれず、政争に巻き込まれて2度も流罪となり、田舎に左遷された。それでも、行った先々で楽しみを見つけて生きていた。

「逆境に負けない蘇軾は、文人の中でもトップクラスの人気を誇ります。天才で豪放磊落で楽しい人。みんなが大好きなスーパースターです。中国では、どんなにきれいな絵や書を書いても、裏で悪いことをしたり、嫌な人だったりすると尊ばれません。芸術でも人格が重視されます。自分の仕事で世の中をよくしようという理想があり、友達がたくさんいて、詩文や書画も堪能な人があこがれなのです」

ここには、蘇軾が黄州に流されたときの詩が書かれている。日々の食べ物にも困る暮らしぶりだった。

黄州に来て3度目の寒食節が過ぎた。春の雨は水かさを増して戸口に迫っている。雨の勢いは収まりそうにない。粗末な野菜を煮ようと、壊れたかまどに湿った葦の葉をくべる。ふと見るとカラスが紙銭をくわえて飛んでいる。きょうは火を焚かずに冷たいものを食べる日(中国の風習)だと気づいた。といった内容だ。

「悲しい詩ですが、文字を見ると、ただ悲しいだけではなく、その奥には人生を肯定するような力強さがある。そこがかっこいい。中国の文人は、流されたり、皇帝から怒られたりすると、蘇軾のことを思い出して、自分も頑張ろうと思うわけです。僕もこの字を見ていると元気が出ます」

ちなみに、蘇軾はおいしいものが大好きだったそうだ。豚の三枚肉を煮た東坡肉(トンポーロー)は、彼が黄州で考えたものだと言われている。蘇軾の号が「東坡」だったことからつけられた。

次ページまるで現代の組織と同じ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。