武雄市長は、ビル・ゲイツに似ている!?

例の「武雄市図書館」に行ってみた

写真の右が樋渡啓祐(ひわたし・けいすけ)市長。1969年11月18日、武雄市朝日町川上生まれ。東京大学経済学部卒。総務庁を経て2008年から武雄市長。好きな言葉は「皇国の興廃此の一戦に在り。各員一層奮励努力せよ」。

樋渡 成毛さん、初めまして。武雄へお越しくださってありがとうございます。

成毛 初めまして、市長。よろしくお願いします。お忙しいところすみません。

樋渡 とんでもない。僕、2年ほど前だからまだ武雄市図書館ができてないころに『DIME』という雑誌に「座右の一冊」を紹介して掲載されたんですけど、同じ号で、成毛さんが本のレビューをされていたんですよ。それがすごく面白くて、一度お会いしたいと思っていました。

既存の図書館を活用した

成毛 僕も、なにかと話題の武雄市図書館は一度見てみたかったし、『沸騰!図書館』を読んで、何が何でも市長に会いたくなって、それで、押しかけてしまいました。

樋渡 いかがですか、武雄市図書館は。

成毛 まず、隣がゆめタウンっていうのがいいですね、人がたくさん来ますから。それから、建物がいい。これは、もともとあった建物なんですよね?

樋渡 そうです。もとの図書館の建物です。

成毛 中は、代官山蔦屋書店に似ているところもあり、しかし、まんまではないですね。

樋渡 カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)のスタッフには、代官山ではできなかったことも、ここでやってもらっています。

次ページ『沸騰!図書館』が好評
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。