台湾の「至宝」を見に行ってみた!

とっつきにくそうな中国の書画を、今度こそ

吸い込まれそうな青 

『青磁槌形瓶』 汝窯 北宋時代 11~12世紀 台北 國立故宮博物院蔵

この瓶の吸い込まれそうな青い色は、ぜひ実物を見てほしいと塚本さん。

「雨の過ぎたあとの青空と言われています。瓶の底裏に、またまた乾隆帝が文字を書いています。この瓶には花がさされていないけれども、花のような香りが漂っている、といった詩が書かれています」

最後は「皇帝のおもちゃ箱」。皇帝が身近に置いて楽しんだと言われる。

「これは皇帝コレクションの縮図なんですね。自分が持っている古今東西の美術品をミニチュアにして、箱に収めています。ルビーもあれば、仏像も磁器も書もある。自分がすべてを手中に収めていることの象徴だと思います」

『紫檀多宝格』 清時代 乾隆年間(1736~95年) 台北 國立故宮博物院蔵

「今回はひとつの作品で論文が何本も書けるような、貴重なものがたくさん出品されています」と塚本さん。連日行列ができていた『翠玉白菜』の展示が終了した今からのほうが、一点一点をゆっくり楽しめそうだ。


「台北 國立故宮博物院―神品至宝―」
 

2014年6月24日~9月15日

東京国立博物館
 東京都台東区上野公園13-9
 TEL 03-5777-8600(ハローダイヤル)
 9:30~17:00(金曜は20:00まで、土・日・祝・休日は18:00まで、入館は閉館の30分前まで)
  7月14日、22日、28日、8月4日、9月1日、8日休み
  一般1600円、大学生1200円、高校生700円、中学生以下無料

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。